やりくりななえ.com

6度も転職した50代夫はとうとう年収200万円台に!老後を視野にピンチを乗り切る節約生活の記録。家計簿と節約ワザをセキララ大公開。

幸せのための熟年離婚

義両親を見ていて思う 若い子供にお金を与えすぎるのは良くない





夫の両親は共働きで、夫は主に祖母に育てられました。

だから好きなものばかり食べてぶくぶく太り、
結婚した当時は好き嫌いが多くて料理するのにとても困りました。
(今では好き嫌いはほとんど無くなりました。)

義両親は普段仕事で息子を放っておく時間が多いからと言って
現金を夫に頻繁に与え、幼い頃から誕生日やクリスマスは現金。

そりゃ現金があれば何でも買えるけれど、小学生の子供にしては夢が無いと思いませんか?

夫が社会人になってからは、
実家と遠く離れて夫は一人暮らしを始め、両親は夫と会う機会が少なくなりました。
多分一年に3~4回だったようです。

たまに会った時に義両親が夫に渡すお小遣いは必ず20万円という単位。

20万円ですよ!

それは結婚してからも続き、会うたびに20万円くださっていました。
贅沢すぎませんか?
2万円でも多いと思うのに20万円ですよ・・・

この家を買う時も資金を負担してくれたり、それはそれは良くしてくれていました。

車も私は10年乗る主義なのですが、5年過ぎる前から義父が「そろそろ買い換えたほうがいいんじゃないか?
お金は負担してやるから。」と言い、
「10年乗るつもりだから。」と断っても、実際に買い換えるまで何度も何度も「買い換えなさい。」と電話してくるのです。

この家に初めてパソコンが来た時もそうでした。
その頃はパソコンを持っている人と持ってない人が半々ぐらいの時で、
値段も高かったと記憶しています。

高いから買えないと私は思っていたので、ぜんぜん予定してなかったのですが
義父が「パソコンを買ってやるから使いなさい」と何度も電話してきて
お金を振り込んでくれたのです。

まぁそのおかげで、我が家に生まれて初めてパソコンがやってきたのですが、
今思っても何であんなに義両親はお金の援助をしたかったのかわかりません。

息子が可愛いのか?お金が有り余っていたのか?

でも、いつ頃からか「老後が不安だから」が口癖になって今では別人のようになってしまいました。

スポンサードリンク


年金暮らしの義両親に私たち一家への援助をしてもらおうなんて、
そんなことは一切思いません。

子供たちに入院費を要求するお年寄りも時々いると聞くので、
そういうことが無いので私たちはとても助かっています。

ただ、あれだけ「お金を出してやる。」の連発だった義両親は、
それが自分の息子にどう影響を及ぼすか考えたことは無かったのでしょう。

もし可愛い息子に何かしてやりたいなら、
息子が本当に困ったときに手を差し伸べるようにすべきだと思うのです。

困ってもいない時に毎回20万円もお小遣いを与えるなんて
今考えても変だと思います。

いえ、たくさんのお小遣いをくださっていた義両親にはもちろん感謝しています。
ただ若い頃に息子に苦労させないように可愛がってばかりだったので、
夫は今こんな人間になったのでは?と思います。

義両親は多すぎるお小遣いを息子に与えるより、
お金の大切さ、そのお金を稼ぐために仕事を大切にし頑張ること、
一つの仕事をじっくり腰をすえて続けることなどを教える立場だったと思います。

芸能人とはお小遣いの単位は違いますが、
芸能人も子供を甘やかした結果、それが犯罪に結びついた事件などがありますよね。
(夫は事件を起こしたことなんてありませんが)

若い子供にお金を与えすぎるのは決して良くないと私は思います。
親が子に一生お金を与え続けることが出来るなら、それはまた話は別ですが、
そんなことはよほどの資産家でもないと出来ません。

子供に多すぎるお小遣いを与えていたら、
その子供は自分で稼ぐ「ちから」が育たないままになってしまう可能性があります。
人はお金が欲しいから働くのです。
(その結果、仕事自体が生きがいになることもある)

前にも書いたことがありますが、
私は実家の母から「ななえはいいよね。義両親がたくさん援助してくれるから。
お母さんはお父さんの両親にそんなことしてもらったこと無いわ。」と
何度も言われたことがありました。

私は母に言いました。
「義両親がお金をくれるより、
自分が結婚した相手が一つの仕事を頑張って続けて自分で稼ぐ人のほうがどれだけ幸せか
お母さんにわかる?」

母は私のその言葉に納得したか、してないかはわかりませんが、
私は今でもその時の自分の言葉は間違ってないと思います。

義両親がお小遣いをくれるより、私は夫が転職を繰り返さず
家族を養える程度には稼げる人であってくれた方が
どんなに良かったか。と、今も思っています。

ランキング参加中!応援クリックお願いします。にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-幸せのための熟年離婚
-

よく読まれている記事

1
「スーパー酵素プラス」で50代でも簡単に痩せた!更年期世代もダイエットを諦めなくていいんだ!

もうこれ以上はヤバい!! 20数年前の臨月だった時と同じぐらいの体重になってしま ...

2
マナラホットクレンジングゲル100円モニター実は無料だった!使い心地を紹介します

ネットで申し込んだ商品がまさかの無料でした! ラッキーです♪ 毎日使うクレンジン ...

3
「トイレットペーパーは押し当てて吸い取る・こすらない」更年期の下着の臭い あなたのオシッコの拭き方間違ってますよ 

若い頃はこんなこと無かったのに・・・ 更年期世代の悩みの中に「下着が臭う」人が多 ...

4
「芦屋ロサブラン」の遮光100%日傘(ショート)を実際に使ってみた私の口コミ おすすめサイズや人気カラーの事なども

今までイオンなどの量販店などで日傘を買って使っていましたが、 遮光とかUVカット ...

5
【口コミ】白い靴白いバッグ革製品いつまでも綺麗を保つ ラナパーが財布ファスナーのすべりまでも良くしてくれるよ

夏は白いバッグが重宝しますよね。 淡い色は涼しそうで清潔感があってさわやか~。 ...

6
紫外線が目に入ると肌が黒くなるのを知っていますか?芦屋ロサブランの「メラニンサングラス」が期間限定で30%オフ!

前にこのブログで紹介させていただいた、 芦屋ロサブランで買った、私のお気に入り「 ...

7
芦屋ロサブランの遮光100%日傘口コミ「神戸そごう」期間限定ショップで実際に手に取って選んで来ました♪

紫外線が厳しいこれからの季節。 若い頃から日傘は暑さに弱い私にとって必需品でした ...

8
2018年7月17日24日合併号週間SPA!「貯金ゼロ円の恐怖」に見た共通点は自動車ローン、ボーナスで赤字補填だった

毎日気楽に買い物をしてお出かけして美味しいものを食べて、貯金ゼロ円。 ちょっと節 ...

9
貯金がある家庭でも「ある時期」を境にマイナス家計に陥るかも?その「ある時期とは?」 週刊SPA!貯金ゼロ円の恐怖より

昨日のブログの最後に超富裕層の二人からの成功法則を書くと予告していましたが、 そ ...

10
見栄は浪費の元凶 週刊SPA!「貯金0円時代」を生き抜く成功法則3か条 

目次1 超富裕層がお金の貯め方について激論1.1 井川意高氏の考え1.2 金森重 ...