>ドモホルンリンクルお試し★レビュー
スポンサーリンク

65歳から年金がもらえるはずだったのに70歳まで遠のくのは確実?!あなたは何歳まで働けますか?

年金
スポンサーリンク

最近話題になっている「70歳まで働く時代」に向かって社会は進みつつあります。
あなたは70歳まで働けますか?

70歳まで働ける自信が無い

私の職場でも何年か前から、65歳で定年になってその後は希望すれば70歳まで働けるようになりました。
それを聞いたとき私は夫と離婚するずっと前でした。
「よし!70歳まで働いて老後の生活費を稼ごう!」と思ったことを覚えています。

体力の衰え

それから何年かたち、私は夫と離婚し、何歳か歳を取りました。
その分体力の衰えを強く感じています。
今の私は60歳まで今の勤務時間で働くのは厳しいなと思っています。

それほど急激に体力が落ちてきたのです。

私も65歳になったら年金がもらえると思っていました。(老齢基礎年金)
あと約10年ほどです。
でもきっとそれが68歳、70歳までもらえないとしたら・・・
生きるためには働き続けるしかありませんが、
私の仕事は体力勝負なのでその体力に全く自信がありません。

60歳以上の仕事内容を考慮する法律が欲しい

60歳以降65歳以降の仕事内容が変わらない限り、
今の仕事内容のままでは仕事を続けることは出来ないと思っています。
それどころか60歳まで今のまま働き続けることが体力的に出来るのだろうか・・・と不安に思っています。

だって本当にとても仕事がハードで、毎日が運動会か引越し屋さんか?ってぐらいな内容です。
そんなこと65歳70歳で出来るとは思えません。
でも私の職場は年齢や性別に応じて仕事内容を配慮してくれることはありません。
50代半ばの今でさえこんなに大変なのだから年々その気持ちは強くなると思われます。

例えば年収100万円を稼ぐとすると、私の職場では週に5日毎日4時間働かねばなりません。
4時間で大体1万~2万歩は歩きます。重たいものを持ち上げたり下ろしたり重労働です。
もちろん帰るまで、休憩以外は一度も座ることは出来ません。
しかも年齢が70歳まで、と考えると恐ろしいことです。

「みんな70歳まで働きましょう」の間違い

安倍総理は「高齢者がいくつになっても生きがいをもって活躍できる生涯現役社会を実現する」と演説で語ったそうですが、
それと年金開始年齢を関連付けるのはどうなんだろうと私は思っています。

働きたい人は働き続けるのは私も賛成ですし、
そうでない人や体力など個人的な問題や考え方でリタイアする人には
やはり65歳程度の時期に年金を受け取ることが出来ない社会は疑問に思います。

国が言っているのはそのように人それぞれ選択肢がある制度ではなく、
そのうち70歳にならないと年金をもらえなくなるから、「みんな70歳まで働きましょう」という話を進めているのです。
そこが大変問題だと私は考えています。

そして先ほどの総理の言葉、「いくつになっても生きがいをもって活躍できる生涯現役社会を実現」の言葉の裏の意味を返せば
「年金は70歳にならないともらえなくなるからね。それまでは自分で働いて生活してね。」ってことですよね。
またその人たちにも年収82万円から厚生年金に加入させてお金を集めたいのですよね。
私はそう理解しています。

でも私みたいな仕事内容の人もいるのです。
そして年齢を考慮してくれない会社もたくさんあると思うのです。
記事は下に続きます。

スポンサードリンク


年金をもらいながら働く選択肢、働かない選択肢 私は選ぶ時代を希望する

若者との体力の差を考慮しない政治はいらない

今のとこ何歳から年金をスタートさせるのかは自分で選ぶことになりそうと言われていますが、
おそらく70歳からスタートさせないと、今の65歳時点での年金見積額をもらえなくなると思います。

私は年金ももらいながら働き続ける選択肢もある世の中を希望しています。
みんなもそうじゃないでしょうか?
年金はいらないから働き続けたいと思っている人は、よほど高収入の人かなと思います。

世界中でも突出 日本人男性65歳以上の3人に1人は働いている

そして65歳や70歳の人がたくさん働き続けると、
若い人の就職や昇給、出世はなかなかスムーズに進まなくなります。

世界的に見ると65歳以上の男性が働いている率は日本が飛びぬけて高いのです。
日本31.7%、アメリカ24%、イギリス14.4%、ドイツ9.3%、フランス3.9%です。
今の時点で、日本の65歳以上の男性の3人に1人が働いてるのです。その多さに驚きました。
それが将来は50%70%となって行くのでしょうか。

時代に合わせて頭を柔らかくしないといけないのは分かっています。
いつかは70歳まで働くのが当たり前の時代がやって来るのでしょう。
しかし、人の体力や健康が置き去りにされているように思います。
年金をもらいながら、働き続けるならまだ分かります。
でも70歳定年が浸透する頃には年金の開始年齢は必ず70歳になると思うのです。

若い頃と同じままの体力の人はめったにいません。
もちろんお金も大切です。
でもこれからの世の中、ますます一番大切なのは健康と体力なので、私も心して備えたいと思います。
時代の流れは年金をほとんどもらえないまま亡くなる人がどんどん増えて行く方向に
進んでいるように思えて仕方ありません。

ランキング参加中!応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

年金
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ななえをフォローする
やりくりななえ.com