スポンサーリンク

手入れ簡単!珪藻土バスマットを使った口コミ~2年使った感想も追記しました

家庭用品
スポンサーリンク

バスマットのカビって本当にイヤになりますよね(;^ω^)

最近、買い物に出かけた時など珪藻土のバスマットをよくみかけます。

お店には霧吹きが一緒に置いてあって、どのくらい早く乾くか試してみることが出来たりもします。

シュシュっと水をかけると、気持ちイイくらいほんの一瞬で水分が消えます。

わ~これはいいかも!?

布のバスマットは洗ってもすぐ乾かなくて嫌になることってありませんか?
珪藻土のバスマットはお手入れが超簡単!

たまたまセールで珪藻土バスマットが安くなっているのをみつけて、
「こんなにお手入れが簡単なら♡」と思い切って買ってみました♪

頻繁に干さなくても勝手に乾くし、
水気を吸いにくくなってきたな~と思ってから
紙やすりでチョチョっとこするだけでイイんですよ!

珪藻土バスマットのお手入れ方法

汚れてきたらやすりで削る

店頭などにも置いてあるサンプルの珪藻土バスマットが薄汚れているのを見たことがあります。
徐々に汚れは付いてくるようですね。

汚れが付くと表面のナノレベルの穴が詰まってきて、本来の効果を発揮できません。
400番ぐらいの紙やすり(小さいのが同梱されていました)をつかって少し削ると、回復させることが出来るそうです。

毎日干さなくても大丈夫

s-033

夏は週に1度、冬は週に2度程度干しましょうと箱に書いて有りますが、私は毎日室内に干しています。

仕事前に窓に立てかけて、帰宅後すぐお風呂のドア前の床にセットします。

落としたり倒れたりすると割れたり欠けたりするかもしれないので
おっちょこちょいの私はあまり外には干さない方がいいかな。

室内でも全然普通に乾きます!

珪藻土のバスマットに水をかけて乾くまでの時間を測ってみた

色んなメーカーから発売されているようですが、
私が買ったのはトレードワンの「さらっと快適足さら珪藻土バスマット」です。
(他にもっと上質な高い物もあるそうですが、
私が見たお店ではこの1種類しか売っていませんでした)

霧吹きで水をかけてみました

どのくらい早く水分を吸収するのか、お店で見たように霧吹きで水をかけてみました。

でも、右手で霧を吹いた後ですぐ霧吹きを置いてカメラに持ち替えて
撮影しようとしても水分が一瞬で消えてしまい撮影が出来ません。

水分の消え方があまりに早過ぎて右手で霧吹きとカメラを持ち替えて写すのはどうしても無理だったので、
左手で霧を吹いて右手で撮影しました。

s-012

s-015

ほんの一瞬ですぐ水分が消えてしまいます。さすが!これはすごいです!

あまりのすごさにだんだんバスマットと言うことを忘れ、
童心に戻って水遊びしてるような感覚になってしまいました。(笑)

お風呂上りに撮影してみました

次は本番です。お風呂上りの水分が消えないと珪藻土バスマットの意味がありません。

足がびしょびしょの状態でバスマットに乗ってみました。足はヒヤッと冷たく感じます。
今の季節は気持ちいいですが、もしかして冬は冷たすぎるかも・・・。

箱の説明書きに3秒後 2分後 5分後の写真が載っていました。

s-028

これと同じように水分はちゃんと消えるのでしょうか?私も実際にやってみました。

s-029

2秒後です。足の形が残っています。

s-030

2分後です。気にならない程度までには乾いていますが、まだ足の形はわかります。

s-031

5分後です。
何となく水分の形跡は残っていますが、もうあまり足の形はわかりません。

この実験をやる前に、何度も何度も水をかけたので飽和状態になってしまい、
パッケージのように完全に足型が無くなることはなかったのかもしれません。

布のバスマットなら5分でさらっと乾くことは絶対に無いですよね。

足の裏もさらさらで気持ちイイです♪
こんなに早く乾くのはどういう秘密があるのか知ってみたくなったので
ちょっと調べてみました♡

珪藻土バスマット 早く乾く理由

珪藻土バスマットがこれだけ早く乾く理由を知りたいので、
いつもならすぐ捨ててしまう外箱に書いてある説明書きを熟読してみました。
以下にその要約を書いておきますね。

主原料は天然素材の珪藻土

海や湖のプランクトンが蓄積されて出来た珪藻土を主原料としているそうです。
珪藻土は湿度を調節する機能やガスを吸着させる特性があります。

表面のナノサイズの穴が水分を吸着する

一見表面はつるんとしているようですが、無数の穴が空いてるんですね。
確かにナノサイズの穴なので見た目はわかりません。

でもその穴が水分を瞬時に吸着し、自分で呼吸して放出してくれるんですね。すごいです!

カビが生えにくい

繊維のバスマットは頻繁に洗って乾かしても、カビが生えて色が変わり
結局捨ててまた次を買うの繰り返しでした。

洗うときも他の洗濯物と一緒に洗うのは抵抗があるので、バスマットだけ別に洗ったりして不経済だなと思っていました。

でも珪藻土バスマットは表面が乾いた状態をキープできるのでカビが発生し難いそうです。

臭いまで吸着してくれる

主原料の珪藻土は湿度を吸ってくれるだけではなく、ガスも吸着してくれるので、
カビや石鹸などの臭いも吸着してくれます。

スポンサードリンク


珪藻土バスマットを1年及び2年使った感想まとめ

1年使った感想と2年使った感想を書きました。
珪藻土バスマットをまだ使ってない方に参考にしていただけると嬉しいです。

珪藻土バスマットを1年使った口コミ

とても快適で買って良かったです♪

・まだ一度も紙やすりで削っていません。

・特に目立った汚れはまだありません。

・お風呂上りも最初と変わらず今もすぐ乾きます。

・洗面所の床が全く濡れないのはとても嬉しいです。

・バスマットの洗濯の手間が省けて便利です。

・落としたことや倒してしまったことも無く、割れたりもしていません。

・夏はヒヤッと冷たくて気持ちいいけれど、冬場はちょっとヒヤっとします。

・カビは生えていません。

本当にカビは生えないの?落としたら割れるの?と思うけど、
試しに落としてみる勇気はありません。(笑)

2年使った感想

・寿命はどのくらい?とは思ってるんですが、割れない限りは相当長く使えると思います。

・最初は毎朝窓際に立てかけて乾燥させていましたが、
どんどん手抜きして今は洗面所の床に置いたままです(;^ω^)

・床も濡れていません。
それ以外のお手入れは一切していません。簡単便利です!

・そろそろちょっと薄汚れた感じになって来ました。
でもまだ一度も紙やすりを使っていませんが、吸湿性には問題はありません。
濡れた足で使ってもすぐ乾くし、カビは一切見られません。
しかし見た目、ちょっと薄いグレーの部分が出来てきたので、
近々紙やすりを使ってみようと思っています。

手間がかからず、洗う手間なども無いから
理想的なバスマットだな~と思います♡