スポンサーリンク

amazonや再配達だけが悪いわけじゃない ヤマト運輸問題 

私のくらし

クロネコヤマトから「宅急便お届けのお知らせ 」の件名でメールが来ました。

楽天市場でお買物した荷物です。

スポンサードリンク


最近よく報道されているように、
再配達で配達員さんにかなりの負担がかかっていることを知って、
それ以降は留守にする場合、必ず前もってネットから「営業所留め」に設定して、
自分から受け取りに行くことにしています。

営業所の駐車スペースは3~4台しか停められない狭さで、
そこにヤマトのトラックが停まっていることもあるので、とても停め難いです。

でもこれだけ再配達のことが話題になっていることだし、
わたしも迷惑をかけたくないと思って、自分から出向いていました。

配達できない時間に指定できてしまうことが問題

今回送信されてきた「宅急便お届けのお知らせ 」のメールにはこう書いて有りました。
■お届け予定日時
05月××日(金) 時間帯希望なし
↓お届け予定日時や受取場所の変更はこちらから

 ××××××××。。。

今回は、たまたま仕事のお休みの日に配達されるようだったので、
午前に配達されるようにネットから申し込みました。

メールのURLから、同日の午前に設定。

無事時間変更完了!

変更のメール受信

当日、正午まで出かけず待つ。
↓ 
午後になっても音沙汰無し。

メールにあったフリーダイヤルに問い合わせの電話をする。
<お問い合せ先>
フリーダイヤル0120-01-9625(携帯電話はご利用できません)


ヤマトから回答「荷物が営業所にまだ届いてない」

営業所留めにしてもらうようお願いする。

車で受け取りに行く。

この流れはどう考えても変だと思います。
午前中に配達してもらう申し込みをして、画面上OKとなったのです。
だからわたしは出かけずに待っていました。

それなのに時間内には荷物は届かず、
問い合わせたときにまだ荷物がその営業所に届いてなかったのです。

それならば、申し込み時にその時間には指定できないようにしないといけません。

報道ではamazonの荷物が多すぎることと、
留守による再配達で大変すぎることばかり耳にします。
確かに配達する方々は一生懸命で、時間に追われてばかりで頭の下がる思いです。

お客様にもヤマトで働いてる人たちとっても、
もっと良いシステムを構築することは出来ないのでしょうか?
システムにお金をかければ可能だと思うのですが。

今回のことは、配達員さんが悪いわけじゃないので
営業所に置いておいてもらうようにお願いしてまた自分から取りに行きました。

何のために、出かけずに午前中ずっと待っていたのかと思うと
ビミョーな気持ちになってしまったのは確かですが。

お客様相手に仕事をする上で、
そういうところに目を向けることはとても大切だと思います。

スポンサードリンク


以前は、日時指定していた荷物をずっと待っていたのにいつまでも来ないので、
ネットで確認すると「配達済み」になっていてびっくりして電話したことがありました。
配達した人が、受取人の氏名を確認せず
我が家のお隣さんに配達してしまっていたのです。

未開封だったから良かったものの、
見られたくないものを配達してもらうこともあるだろうし、
受け取るために出かけず待っている場合もあると思うので、
氏名は必ず確認してから配達して欲しいですね。

ヤマトの上層部がこのブログを見ることなんてあるはずもありませんが、
企業の姿勢として、見直す点の一つとして受け取って欲しいなと思います。
そして、頑張っているヤマトさんの従業員さんの
サービス残業が無くなるように改善して欲しいなと思います。

労働の対価として働いた分の給料がしっかり出るのは当たり前なはずです。

ランキング参加中!応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

私のくらし
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ななえをフォローする
やりくりななえ.com