スポンサーリンク

エバークックフライパンの内底がでこぼこして真ん中が盛り上がっているのには理由がある

キッチン用品
スポンサーリンク

みんなが絶賛するフライパン エバークック

焦げ付きにくい、長持ちすると評判がとても良いエバークックフライパン。

私の職場でも使っている人が多くてみんな絶賛しています。
私もいつか使おうと思いつつ、
仕事上、色んなメーカーのフライパンを無料でいただくことが続いていて
自分でお金を出して購入する機会から遠ざかっていました。

でも20センチの小さいサイズですが、
何と!たまたま立ち寄ったスーパーで980円+税で販売されているのをみつけてしまいました。
自分の分と妹の分、そして実家の母の分、3つ購入しました。
そこからさらに割引があったので消費税を入れても1つ955円でGET!!

安い親孝行、妹孝行です。笑

● 楽天の最安価格はこのくらい ⇒ エバークック 20cm レッド
● アマゾンでもこのくらい ⇒ エバークック フライパン IH対応 20cm

ところで、今日のブログタイトル通りそろそろ本題に・・・

スポンサードリンク


エバークックフライパンの内底真ん中が盛り上がって高くなっている理由

エバークックフライパンは内底が真っ平らじゃ無い

エバークックフライパンは先ほども書いたとおり皆さん絶賛されていて
リピーターもとても多いのですが、一つだけちょっと問題があるようです。

それは、内底(料理をする側の底面)がでこぼこしていて真ん中が少し盛り上がっていることです。
真ん中が盛りあがってるってことは、
内底の周囲(円で言えば円周部分)が低いので油が溜まります。

アマゾンのレビューでもそのように書いておられる購入者さんがおられました。
>> 不満点は、真ん中が盛り上がっているため油をひいてもドーナツ型に広がり真ん中が焦げやすい、
また使用するうちに焼きムラができやすくなりました。

この方、焦げるのは火力が強いからでしょうが、
(かなり熱伝導理率が良いので中火でも強すぎるぐらい。
弱火で調理したほうが上手に出来上がります)
そもそもメーカーの言う中火は、一般人の弱火です。
フライパンの説明外に中火~弱火と必ず書いてありますが、
「えっこれが中火?」ってぐらいに弱い火をメーカーは中火と言っています。
確かにエバークックは油が周囲に溜まります。

楽天市場などでも販売ページにその旨 注意書きのあるショップさんもありました。
注意書きはエバークックのセット物のページでみつけましたが
セット物に限らず単品のエバークックも内底は真ん中が少し高くなっています。
アルマイトコーティングフライパン3点セット/evercook エバークック
>> ※底面加工の特性上、内底は中央に向かって盛り上がっています。
小型のフライパンや卵焼き用では目立ちやすくなりますが、
こちらのシリーズに見られる正常な状態のため、どうぞご了承下さいませ。

内底の真ん中が盛り上がっているのはIH用プレートを強く圧着しているから

つまりエバークックでは真ん中が高くなって盛り上がっているのが普通なんですが、
その理由は底のステンレスプレートにあります。

IH用フライパンっていうのは底(内底では無くコンロに置く面)に
IH用のステンレスプレートが貼り付けてありますよね。
エバークックの推販さん(キャンペーン時にドウシシャから推奨販売に来られる販売員さん)によると、
普通に付けているだけなら、
そのプレートが外れかけて、くるくる回る場合が(ごく珍しいのですが)あるそうなのです。
(※ 個人的にはほとんどその可能性は無いとは思いますが)

そのIH用ステンレスプレートの外れを防止するために
エバークックではフライパン本体とステンレスプレートを他メーカーよりも強く圧着していて
それが内底真ん中の盛り上がりとなって響いている
のです。

またそれとは別にアマゾンレビューで個人の方のこういった意見もみつけました。

真ん中盛り上がっているのは何のためですか?
※ リンク先で回答を見ることが出来ます。

油がドーナツ状に溜まるのが不満と職場の友達も言っていましたが、
エバークックは他のどんなフライパンよりも焦げ付きが少なく、
傷が入ってもその傷が広がりにくいので長持ちします。

エバークックの保証基準はコチラを要確認!

エバークック フライパン IH対応 26cm 1年保証付き

エバークックは1年保証、エバークックαは2年保証が付いていますが、
保証してもらえるには基準があるので
不具合が出てきて保証を申請したいと思っていらっしゃる方は
念のためこちらの記事も一読してみてくださいね。
↓   ↓

ランキング参加中!応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

キッチン用品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ななえをフォローする
やりくりななえ.com