スポンサーリンク

低収入の今年はいくらふるさと納税できるか分からないけどお米が無いからとりあえず申し込んだ

節約ワザ
dangtrunghieu / Pixabay
スポンサーリンク

ふるさと納税は色んな返礼品があって見ているだけで楽しくなりますが、
私は必需品を申し込むことにしています。

具体的に言えば「お米」

旅行や家電、アクセサリーやバッグなどもいただければ嬉しいのですが
私ひとりの稼ぎでそこまでの収入は無いので絶対に必要なお米に決めています。

納税することで節税にもなって、その地方のお役にも立てて、
お米ももらえて。。。の何のデメリットも無い嬉しい仕組みです。

スポンサードリンク


私は毎年ふるさと納税でお米をもらっています

おにぎり

お米にも賞味期限があるんですが、
私はそんなの気にせず、
去年ふるさと納税して今年の2月ごろ送っていただいたお米(20キロ)を最近まで食べていました。

そしてそれが無くなりそうになったので、今は楽天ポイントでお米 10kg あきたこまち 30年岡山産を今月買いました。
送料入れて3,980円なので、
同レベルのお米なら実店舗で買う方が安いには決まってるけど、ポイント利用ならお金は足さずに済みます。笑

足の調子が悪くなってパートも副業も仕事を減らしているので、収入も減ってしまっています。
だからこそ必需品であるお米は出来るだけお得に手に入れたいと考えています。

私は一年間のお米をふるさと納税とポイントを利用して、2,000円だけで手に入れることにしています。


そして実際昨年はそれに成功しました!


でも去年と今年は食べる量は同じと思われるのに、収入が減っているのでふるさと納税は同じ額できそうにもありません。
去年は医療費控除や確定拠出年金などを引いた額で計算して、あまりぎりぎりは・・・と思って
ゆとりを見て3万円のふるさと納税をしました。
去年のふるさと納税では20キロのお米が1万円とか12,000円で手に入ったので
それに足りないお米はポイントで買ったので自分で足したのは実質2,000円だったのです。

しかし今年は先ほど書いたように収入が減っているし、
それに伴い買い物も減っているので思うようにポイントは貯まらないし
ふるさと納税自体が厳しくなったので20キロのお米をもらおうと思ったら
最低でも14~5,000円出さないといけなくなりました。(私が利用しているわが街ふるさと納税では)

だから今年は実質2,000円で一年中のお米を手に入れるのは無理だな~・・・
残念だけど。
でもとりあえず今年初めてのふるさと納税で秋に届く新米を20キロ申し込みました。
ふるさと納税で届くお米はいつもどれも美味しいです。

また年末が近づいてきた頃に計算してゆとりがありそうだったら、その分をまた納税しようと思います。
またお米かな~笑

ふるさと納税額の計算はこのツールで計算しています

私は毎年ここのツールで納税額を細かく計算しています。
>>[各書式で簡単] 所得税,住民税の自動計算
– ふるさと納税の限度額,各種控除の減税効果確認ツール

これが無かったら計算できないくらい複雑だからこのツールは本当に有り難いです。

まとめ

来年はもっと元気になって仕事ももっとやれるようになって
収入も元通りになって
もっとふるさと納税できるようになればいいなぁ~♪

今年は仕方ありません。
長い人生の中で体調が悪くなることもあるし、それによって収入が減ることもあります。
でも心が健康であって、体調が治ればまた頑張れます。

ふるさと納税は賛否両論あっていつまで今のままの制度が続くか分りませんが、
日本各地の美味しいお米をいただけることは嬉しいです。

ランキング参加中!応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

節約ワザ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ななえをフォローする
やりくりななえ.com