>11.07ボタニストから新発売シャンプーの新記事UPしました!

50代のひとり暮らしで生活費はいくら削れる?計算したら唖然とした

スポンサーリンク
ヨガ 50代の家計簿
スポンサーリンク

息子が二人とも次々結婚するので、
あと数ヶ月でわたしは完全にひとり暮らしになります。

>>こちらのテーマ 一人暮らしをよく参考にさせてもらっています。
良かったらぜひのぞいてくださいね♡

ひとりは楽でいいよ~という話をネット界隈で(;^ω^)よく目にしますが、
足が悪くて働きに行けないわたしは、
やっぱり生活費の心配が大きくのしかかります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ひとり暮らしになったら生活費はどのくらい減る?

一人暮らし

ひとり暮らしとふたり暮らしでは、それほど大きく支出が変わるとは思えませんが。。

わたしひとりになったらどのくらい生活費を減らすことが出来るか
大雑把ですが簡単に計算して、今日の記事にしてみることにします。

●今は長男とふたり暮らし
●長男からの食費のうち、7,000円ぐらいを使わせてもらっている。
(残りは長男名義で貯金)
●食費・水道光熱費・洗剤などの日用品などの生活費は、
その7,000円以外すべてわたしが負担。
スポンサーリンク

2020年に入ってからの生活費の平均

電卓

例えば今年2020年に入ってからの10ヶ月間(今月はまだ月末が来てないから)
一ヶ月いくら使ったか表にしてみました。

2020年 通常の出費+確定拠出年金 特別出費
1月 124,744+23,000=147,744 0
2月 125,274+23,000=148,274 9,900
3月 121,057+23,000=144,057 4,900
4月 93,729+23,000=116,729 0
5月 113,060+23,000=136,060 73,700
6月 118,036+23,000=141,036 8,800
7月 128,705+23,000=151,705 92,890
8月 142,102+23,000=165,102 0
9月 126,004+23,000=149,004 0
10月 142,963+23,000=165,963 0
【合計】 ¥1,465,674 ¥190,190

※上の表に加えて、休職中も社会保険を毎月16,000円ほど負担しています。

生活費の合計が出たので、一ヶ月平均どのくらい使っているか見てみました。

確定拠出年金を含まない通常の生活費1,235,674円
>>>支出の一ヶ月平均 123,567円

●確定拠出年金 毎月23,000円

●特別費10ヶ月の合計 190,190円

その月々で出費には5万円ほどの差がありましたが、平均で123,000円使っていました。

ひとり暮らしになると同時に退職の時期も重なります。
(経営不振による会社都合での退職扱い)
そのため年金と健康保険の負担が始まります。⇒毎月3万円ぐらい?
▼  ▼  ▼
その3万円と、節税目的の確定拠出年金の23,000円は死守したい!
>>>53,000円。

めっちゃ厳しいです。。。唖然。。。

これ以外に普通の生活費が必要。ここしか削るところがありません!!

スポンサーリンク

ひとり暮らし生活費で削れるところはある?あるならいくら削れる?

キャンドル

ここも今はただの予想でしかありません。

でもただの仮であっても、
計算してみるのとしないのとでは、後の暮らしに大きく違いが出てくるので
削れるものを書き出してみましたが、いくら考えてもあまりありません。

●食費2万
●雑費日用品,2000円
●水道光熱費3,000円

多めに見て25,000円浮いたらイイ方で、そんなに浮くとは思えませんでした。

ってことは、今まで平均123,000円使ってたんだから、
めっちゃ頑張ってもそれが98,000円になる程度かな?
(原因は毎月の医療費が大きすぎるから)
▼  ▼  ▼
98,000円とさきほどの53,000円を足して、必要な生活費は一ヶ月151,000円
それ以外に固定資産税や車検などの費用も、毎月から貯めないといけません。

もうすぐ退職するのにそんなの無理!

うわっ!計算してみるんじゃなかったかも(;^ω^)心配になるだけ・・・でも、もうこれは数ヵ月後に迫ってるから、目を背けても仕方無い事実です。

スポンサーリンク

まとめ

ひとり暮らしになったらいくら生活費が削れるか計算してみましたが、
その結果、厳しすぎる現実が分かっただけでした。涙

OKする子供

いざとなったら(例えば入院とか、家電が壊れたりとか)貯金を下ろそうと思っています。
でも普段の生活は、貯金を下ろす前にもっと削れるところをみつけたいです。

病院にお金がかかりすぎてることが大問題ですよね。
今、自分にできることはリハビリを頑張って、
通院の回数や薬を減らすことしか思いつきません。

手も痛いし足も痛いので、(ゆくゆくは腱鞘炎の手術が必要な気がしている)
決して無理することは出来ません。
それは新しい仕事も、細々やってる副業も、家事も全部含めて。

今は急がば回れで、この先生活が今まで以上に苦しい時期が長く続きそうですが、どうせ年金生活になったらもっと苦しいんだから、
その練習期間だと明るく受けとめています。

幸いにも家の家賃がいらないことが、本当にありがたいとつくづく思っています。
離婚のときにわたしと息子達にこの家を譲ってくれた
元夫に感謝しています。

60歳まで残り数年のわたしの人生なんて、長くても残り30年ぐらいしかありません。だからピンチでも何でも楽しまなきゃ損!!

先々の不安はありますが、
相変わらず気持ちだけは全く落ち込んで無いので、
そこが自分の良いところだと思って、ひとり暮らしを楽しみたいです。

どんなことでも前向きにとらえて、
ひとり暮らしになっても楽しみながら節約して、
同じような境遇の方に、少しでも参考にしてもらえるような暮らしになったらいいな~と思っています♡