★4月13日★美容ブログ更新しました>>コチラへ

【リウマチ治療開始】こわばりも滑膜炎も無いけど発症の診断が出ました

スポンサーリンク
メトトレキサート リウマチ
スポンサーリンク

昨日からとうとうリウマチの治療が始まりました。

一昨日、紹介された公立病院で診察してもらった結果、
「発症したのかもね~」という診断でした。

そろそろ薬飲んでおきましょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リウマチ診断にとても大きいショックを受けた

腱鞘炎

リウマチになる可能性が高いことを知ったのは2年以上前。
その時は身体が震えるほどショックを受けたことを覚えています。

リウマチなんて想像もしたことが無かったからです。

でも、その頃から毎日ずっと体調が悪くて
「これは全てリウマチ発症の前兆じゃないのかな?」と思いつつも、
もしその予感が合っていたとしたら
リウマチとは何て恐ろしい病気なんだろうと思って来ました。

本当にとてもとても体調が悪かったからです。

自分がリウマチになるかもしれないなんて認めたくないと思ったり、
まさかわたしがリウマチになるなんてことは無いだろうと思ったり・・・

色んな感情が混ざり合った2年間でした。

スポンサーリンク

リウマチを受け入れられるようになった気持ちの変化

腱鞘炎

しかし体の痛みはどんどん広がってしまい、
こわばりやブヨブヨした関節の腫れは無いものの

あれだけの強い痛みに1年間も耐えてきて、(手が初めて痛くなったのは2019年12月)
もうリウマチであろうが、他の難病であろうが
何でもいいから早く治療して痛みを軽くしたい!!と考えるようになりました。

メトトレキサート

でもどこの病院に行ってもはっきりした発症の診断は無く、
そのせいで治療も無く、
腱鞘炎のステロイド注射にも耐えて来たけれど、その効き目も長く続かず・・・

結局はやっと「最近、リウマチが発症したばかり」ということで治療が始まりました。

幸いなことに骨の破壊はなく、滑膜の炎症は手首に一箇所みつかっただけです。
血液検査の結果から見ても、
どんどん進行するタイプではないそうです。
(痛みはすごいけど進行が見られないらしい)

➡ 進行が早い人は一ヶ月ぐらいで骨の破壊が始まるそうです。

先日ステロイドの点滴をしてくださったリウマチクリニックの診断でも、
こういわれました。

少なくとも一般的なリウマチとは少し違って、
進行があまり見られない。

わたしのリウマチがいつ発症したかは、今となっては誰にも分かりませんが、
ちょっと変わっていて、ずっとくすぶっているタイプなのかもしれません。

その時、点滴してくださったステロイドは2日しか効果が持続しない薬だったのに、なんとわたしは一週間も痛みに対して効果があったのです。

確かに2日間は8割の痛みが取れて、3日目からは少し痛くなっていました。

でも点滴をする前と比べると7割がたは良くなってたので、
先生によると強い薬を使わなくても、
炎症を抑えるだけでも痛みに大きい効果があるんじゃないか?
ということでした。

とりあえずあっという間に進むタイプではないみたいなので、
ひと安心しました。

>>日常の小さなできごとを愛する生活 テーマ

スポンサーリンク

まずはメトトレキサートから始めています

メトトレキサート
次の診察は一ヵ月後です。
それまではメトトレキサートを一週間で3回、副作用予防の薬を1回飲みます。
免疫を抑制することになるので、感染症には充分注意していきます。
(通院と近所のスーパー以外は外出しないようにするつもり)

効果はすぐには出ないので、それまではこの痛みを我慢していくことになります。

昨日から点滴が切れたみたいで、手が痛くて困ってたんですが、
今朝からはさらに顎や肩、ひじや首など
痛みは全く元通りになってしまいました(;^ω^)

でも、今のところ大きい心配はしていません。
薬が効いてくる一ヵ月後を楽しみにしています。

今は、点滴が切れて痛くてたまらないけど、
我慢できなくなったら、すぐ横になったりして体をいたわっていくつもりです。

やりくりななえ.com - にほんブログ村
ブログランキング参加中!下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。
いつも応援ありがとうございます♪

 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

リウマチ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ななえをフォローする
やりくりななえ.com