スポンサーリンク

50代以降が次々にモノを買うのは老後の手間や用事を増やすだけにしかならない

リビング 老後のためにやっておくこと
スポンサーリンク

今は出来るだけ物を増やさないように心がけている私ですが、
昔は次々にものを買う友達などに「(ちょっと」いいな~」と思っていた頃もありました。

そのおしゃれな持ち物を見て「私も欲しい!」と思ったこともありました。

でも今は違います。
その人の家が綺麗に片付いているとは思えないし、
お金の管理が上手に出来ているとは思えないからです。

スポンサードリンク


50代以降の衝動買いや頻繁なショッピングは老後の手間を増やすだけ

リビングルーム

そのたくさんのモノ、全て使いこなしてる?

職場の正社員さんで頻繁に数万円単位の買い物をする人がいます。
「〇〇を買ったのよ」「〇〇〇を次のおやすみに買いに行くつもり」などの会話がとても多く
衝動買いも大変多く、驚くことがよくあります。

あれだけのたくさんのモノを全て使いこなしているとは思えません。

正社員で独身なので(女性)給料は全部自分ひとりのために使えます。
確かに給料がたくさんあるのはうらやましいことです。
それはパートの私には叶わないことです。

でももし私がたくさん給料をもらっていたとしても、そんなにしょっちゅう買い物はしないでしょう。
自分に何が必要で、何が不必要か分かる年齢になったからです。

私はたくさんの物に囲まれて暮らすより、少ないものですっきりした暮らしをしたいです。
本当に便利だと思えるものに囲まれて、納得した暮らしをしたいです。
それは節約の意味ばかりではありません。
家がすっきりしていたら、自分の心や頭の中のもやもやが消えていきます。

少ないもので暮らせるようになったら、無理なく自分をコントロールできている自信も持てます。

物をたくさん持つ喜びより、私は自分の心がすっきりしていることを選びたいです。

しかし、その人はその人なりの幸せを買い物で得ることが出来ているでしょうし、
私はそれとは違うだけで
どちらが正しいとか正しくないとか、そういうことではありません。
ただ物質で得る喜びより、精神的な喜びのほうが何倍も大きいことを私は知っています。
多分私と同じような年齢の人の多くはそれを分かっているでしょう。

一回使っただけのブランドバッグを質屋に売る不思議

その正社員さんと別に、毎月ジュエリーやブランド物を買い続けている友達がいます。
新品で買ったブランドバッグを自分に合わなかったと、一度使っただけで半額で質屋に売ることもしょっちゅうです。
次のバッグを買う時は、質屋から受け取ったお金に半分足したら次が買えるので
それをお得だと説明してくれるのですが、それは違うと思うんです。

その人のお金なのでどういう使い方をしても、その人の自由なんですが、
そういう人たちを見るたびに、私は不思議なほどどんどん物欲が減って行きます。

ケチケチする必要はありません。
せっかく頑張って働いてもらったお金なんだから、自分の好きなように使うのが幸せです。
だから何を買おうが、どんなに頻繁に買い物をしようが、
衝動買いをしようが、それはその人の自由です。

でも私はそうなりたいと思いません。
数は少なくても本当に気に入った使いやすいものを、大切に使っている人を尊敬します。
そういう人を見習いたいです。

人によって価値観は違うし、何をどう買おうがお金をどう使おうが人それぞれです。
だから私も全く1円も無駄遣いして無いか?と言われたらやっぱり無駄遣いもしてしまうこともあります。
買い物に失敗することもあります。
でもその失敗を生かして、一生懸命働いてもらったお金を大切に使って行きたいです。
家の中はすっきり気持ちよくありたいです。
その結果、心もすっきりします。

20代30代ならともかくも、50代になって頻繁に買い物を続けていると
将来それを捨てたり片付けたりする用事を増やしているだけ
のように感じます。
そんな体力がいつまであるか私は分からないので、今更モノを増やすようなことはしたくありません。

そのままたくさんのモノを残したまま死ぬなんて、人生の最後にそんな死に方もしたくないし、
子供たちに片付けの用事を残して死にたくありません。
自分のことは自分で片付けて死にたいです。

物がたくさんあふれた家に暮らして、心がすっきりしている人を見たことがありません。

スポンサードリンク


体調が悪くなって学んだこと、気づいたこと、思うことと、これからのこと

これは50代の私が今思っていることです。

●人間は健康と、人と人のつながりが最も大切。
●体力のある年齢、健康な間に、家をすっきり片付けておくことの必要性。
●大きい家具の処分には体力、費用、時間、手間が必要なので、50代くらいで進め始める。
●例えば食器、洋服など細々したものも今よりもっと減らせる。
●年金暮らしに向けて、お金の使い方を小さくする。
●働ける間に、目標を立てて老後資金を準備する。

この今の考えはきっと60歳になったころには変わっているでしょう。
60を過ぎて年金暮らしになった時にはまた違う考えが湧いて来るでしょう。

だからこれは今の私の考え方の覚書です。
体調が悪くなって考え方が変わりました。
今やれることを先延ばしにせず今やっておくことの大切さがよく分かりました。

私は今年婚礼家具を処分しましたが、
5年後10年後に同じことが出来たか?と言われたら、その自信はありません。


その時にどんな体調でいられるかが分からないからです。
その時に健康とは限りません。

そんな恐ろしさが出てくるのが50代以降です。
体調の悪い人が増えてきます。
この年齢からはモノを増やさずに、反対に減らす方向で生きれば心もどんどん軽くなるでしょう。