>>別ブログで化粧品サンプル情報を発信中★

熱に弱いトレイ(お盆)を買って失敗した話・やっぱり100円は100円だった

スポンサーリンク
トレイ 私のくらし
スポンサーリンク

みんな大好き100円ショップですが、
やっぱり100円は100円だな~と思う物もたくさんあって、

わたしもこの前、100円の安物を買って失敗しました。

それはセリアのトレイ(お盆)です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

熱に弱いトレイは使い物にならなかった

セリアのトレイ(お盆)

見た目はかわいいでしょ♡
ひと目見てモノトーンが気に入って買ったんですが・・・

しばらく使ってみて違和感が。。。

セリアのトレイ(お盆)

そう!ガタガタにゆがんで
浮いてしまってる部分と浮いてない部分が斜めになってしまって超不安定(;^ω^)

浮いてるところは2センチぐらいテーブルから浮いています。
かなりの浮き具合・・・

トレイは冷たい物ばかり乗せるとは限りませんよね~。

私の家は対面キッチンなので、
キッチンからテーブルまでお味噌汁やカレーなど熱いお皿を乗せて運んでいます。

その熱でゆがんでしまったんです(;^ω^)

若いころならかわいいだけで買い物をしてもいいけれど、
やっぱり50代60代にもなると機能性がものを言ったりします。

こちらのライフスタイルブログ・テーマ”  50代からの無理なく暮らす見直しとヒント。では、
そんな50代の暮らしのヒントがあふれています。

ガタガタのトレイなんて、見た目がいくらかわいくても使い物にならない!

『安物買いの銭失い』とはこのこと。
いくら100円でもこんなにすぐ使えなくなったら、その買い物は失敗です。

もう25年ほど前に買ったちゃんとしたお値段のトレイ。↓
トレイ

ハッキリした値段は覚えてないけど数千円した記憶が。

その頃流行ったカントリーインテリアに合う柄で、
もう好みじゃないから使わなくなってました。

木製トレイもナチュラルで素敵だし、
柄付きだったとしたら今ならこんな感じの北欧デザインのトレイがイイな~↓


アルメダールス トレイ『トレー L フィッシュ(Sill)』

Finlayson(フィンレイソン)トレイ 200周年デザイン


Stig Lindberg スティグ・リンドベリ Bersa ベルサ

昔買った丸いトレイはセリアのと違って全くゆがみが無く今でも普通に使えます★

今回裏側をちゃんと見てみたら耐熱温度が130度以下となっていました。

トレイ

素材はただのプラステイックじゃなく不飽和ポリエステル樹脂。

不飽和ポリエステル樹脂の特徴は
コチラの湯本電機株式会社HPにこう書いてありました↓

常用できる耐熱温度は130~150℃と耐熱性に優れ
耐寒性については-60℃以下でも強度的性質はほとんど影響を受けません。
引張強さや曲げ強さ、耐衝撃性などにも優れている材料。

つまり熱に強く曲がりにくい割れにくいようです。

いくら安くても役に立たないモノは使えません(;^ω^)
このトレイはさっそく捨てることにしました。

スポンサーリンク

100円ショップの買い物はよく考えないと反対に高くつくことも

トレイ

100円ショップには優れものがあるのも確かですが、
すぐ使い物にならなくなるものも多くあります。

一瞬で壊れてお金を捨てたのと同じだった。。。なんてこともよく聞く話です。

100円ショップのフローリング用シートやトイレのお掃除シートなども
花王などの商品と比べると品質があまりにも違い過ぎて、
一回に3枚4枚使わないと綺麗になりませんよね。

それなら最初から【花王】がイイです。

安くてもかわいくてもよく見てよく考えて無駄な買い物をしないように
ゴミばっかり増やさないようにしたいな~と、今回とても良い勉強になりました

ブログランキング参加中!下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。
いつも応援ありがとうございます♪

 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
やりくりななえ.com - にほんブログ村

私のくらし
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ななえをフォローする
やりくりななえ.com