>9.27アメリカのトレンド大麻コスメの記事UPしました!

布団じゃなくてベッドが良い理由 50代の暮らし方をこう変える

スポンサーリンク
良い物を大切に長く使う
スポンサーリンク

先日、高校生の頃からの友達と、百貨店に行った後でランチして
無印でソファやベッドを見て、
良品週間のレジの行列に驚いて何も買わずそのまま帰りました。汗

ベッドはまだ残り約10日以内に買えば20%オフ※終了※なので、出直す予定にしています。
色々な理由があって無印のベッドは止めました
その理由はまた近いうちに書きますね。別のメーカーのベッドに決めました。
まだ届いてないので届いたらレポします。

私が布団からベッドに変えようと思っている理由を以下に書きます。

スポンサードリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

布団で寝ることのメリットデメリット

布団~部屋を広く使える

布団で寝ていた理由は、部屋を少しでも広く使いたかったからです。
私以外の家族はそれぞれベッドで寝ていますが、
(元)夫のイビキがすごくて全く眠れないので別の部屋に寝ていました。
4LDKの家で家族4人がそれぞれ別々の部屋のベッドに寝るとすると
4つの部屋をベッドが占領してしまいます。

なのでせめて私だけでも・・・と布団で寝ることにしていました。

元夫は引越しのときに自分のベッドも持って行ったので
今は息子達のベッド2つがあります。

【危険】布団干しで階段を上り下り

私はもう15年ほど1階で寝ていますが、
布団を干す時はいつも布団を持って階段を上がり下りしています。
庭で干すと蚊や蜂など虫が付いて入ってくるので大変だけど2階のベランダで干しています。

これが若い頃はそれでも良かったのですが、
50代半ばを過ぎるとそれは大変で
しかも脚の調子が悪くなった今は、
このままこれを続けていると布団と一緒に階段から転げ落ちる可能性があるので
2階に無印良品のベッドを買うことにしました。

無印良品 MUJI.netメンバーのご案内

布団~腰痛・膝痛で起き上がれない

でも私は元々腰痛がひどいことや、これからは膝痛の可能性もあるし、
先ほど書いたように布団干しのことと階段の上り下りのことを考えると
年齢と共にベッドが良いと思い始めました。

震災~1階より2階が安全

そして息子が幼稚園だった頃に神戸に阪神大震災があって、
1階で寝ていらっしゃった方が
お亡くなりになった率が高かったことを覚えているので、
地震の揺れ方にもよりますが2階の方が安芯なのかなと思います。

2階には今、婚礼ダンスがあるので、それらが震災の時には凶器となる可能性があり、
(多分)今月中にはそのタンスを捨てることに決めました。

今、2種類のマットレスで迷っているので今日明日には決められませんが
また購入後にどのくらいの価格だったか?どんな種類を買ったのか?
そして一番肝心などんな寝心地かレポできればな~と思っています。

部屋が綺麗に片付けば寝室の写真も載せることが出来ればいいかなと思っています^^

スポンサードリンク


スポンサーリンク

50代は暮らしの大きな転換にちょうど良い

私はあと数年で60歳になってしまいます。
去年からの体調不良と高確率でリウマチも発症すると病院で言われているし、
上に書いたように
腰痛・膝痛・震災・布団を持ったままの階段の上り下りによる怪我など
色んな危険があるままの今の生活を変えたいと考え、
まずは2階にベッドを置いて寝室にしようと考えています。

息子の彼女のご両親は2階建ての家か平屋に建て替えて、
陶器やガラスの食器を全て捨ててプラスティックに買い換えたそうです。

私の職場にも、背の高い家具を全て捨てて
背の低い家具や簡単にバラせる家具に買い換えた人もいます。

55歳前後ぐらいでこのような暮らし方を変える意識を持つか持たないか
今後の生活が大きく違うような気がします。

老後資金もその一つだし、今日書いたように危険を出来るだけ小さくする生活もそうです。
それ以外に健康を考えた生活習慣を続けて、ゆるく長く続けられるスポーツを始めたり・・・
そのような変化に良い時期がちょうど55歳ぐらいだと思います。

5年前のわたしと今を比べると体力、体調などかなり違って来てしまっています。
あと5年後どうなっているか考えるとちょっと怖いです。
でも脚が痛い、痺れる、冷えると言っても、ゆっくりだとまだまだ動けるわたしです。
このまま衰えていくなんてイヤです。

そのためにも暮らしの中の危険を取り除いて行きたいので、今回布団からベッドにします!

やりくりななえ.com - にほんブログ村
ブログランキング参加中!下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。
いつも応援ありがとうございます♪

 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

良い物を大切に長く使う
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ななえをフォローする
やりくりななえ.com