スポンサーリンク

洋服に塩素系漂白剤を使ったら真っピンクに変色したのは日焼け止めクリームが原因だった!元に戻す方法は?

暮らしの工夫
スポンサーリンク

仕事で着ている白いポロシャツ。

ある日、襟周りに洗濯でも取れないシミを見つけ 、
ダメ元で塩素系漂白剤を使ってシミ取りにチャレンジ!

わーーーショック!! とんでもないことが!!

何が起こったかは下の写真を見てください。(x_x;)

漂白した白い服がまだらなピンク色に変色した

変色した画像はこちら

塩素系漂白剤を薄めて使ったところ、白いポロシャツがこんな真っピンクになってしまったのです。
うわー何が起こったんだ!

うっすらとしたピンクどころじゃなくて、とても濃いピンクです。
しかもムラムラで範囲も広い。
時系列で考えると、明らかに塩素系漂白剤が原因です。

漂白剤でピンク色???何でだーーー!

もういいや~捨てよう。そう思ってゴミ箱に入れようとした瞬間、
あっそうだ。一応念のため原因をネットで見てみよう。

ピンクの原因は漂白剤と日焼け止めクリームの化学反応

検索してみると漂白剤で衣類がピンクになる原因は何と日焼け止めと書いてあったのです。

そういえば、私、真冬以外は毎日日焼け止めを塗りたくっています。
その日も仕事が終わって屋外に出る前に首や手などいろんな場所に日焼け止めをたっぷり塗りました。
あーそうかそれがあの洗濯でも取れないシミの原因だったんだ。
そして塩素系漂白剤と日焼け止めが化学反応を起こして
あのピンク色を作ったんだ。

ネットには濃い洗濯液でつけ置きをすると色が取れると書いてありました。
早速やってみましたが全く効果なし。
ネットの情報ってやっぱりデマもあるよな~。
まあもういいや。やっぱり捨てよう。

この時点で 2度目の「捨てよう」の気持ちが固まりました。

でもなんだか悔しい、どうにかなるんじゃないか。
このポロシャツに全くこだわってはいない。
全然捨ててもいいのになぜかこのピンク色を白に戻したい気持ちがムクムクと湧いてきました。

ピンク色が元の白に戻った!その方法は?

もうここまで来れば服を大事にしたいとか、この服をもう一度着たいとか、
そんなレベルの気持ちではありません。

濃い洗濯液で白に戻ると書いてあるのに、できなかった自分が悔しい。
ただそれだけの気持ちで、
ダメ元ですが毎日の洗濯物にこのポロシャツも併せて洗濯機を回し
ピンクが白に戻るかチャレンジしてみようと思い立ったのです。

そしてこれだけ濃いピンクがもし白に戻るなら、何回洗ったころに戻るか。それも知りたくなったのです。

毎日の洗濯物と一緒に洗ってみた

まだ塩素系漂白剤が残っていれば他の洗濯物の色がはげるので、
とりあえず簡単にざっと水洗いだけして、
その当日から、他の洗濯物に混ぜて洗ってみました。

使った洗剤はハイジアです。無蛍光だから特に白く漂白するような洗剤ではありません。

翌日少し色が薄くなっていました。


あれ?これってもしかしてイケるんじゃね?
その日は一度乾かして、また翌日も洗ってみました。


するとまたもう少し薄くなっていて、
またその翌日もその翌日も、合計で4日間続けて洗いました。

洗濯4回目で完全元通りに!

毎日徐々に色は薄くなっていって、 とうとう 4回目の洗濯が終わった時には元の真っ白に!
ついでに元々の取れなかった襟周りのシミもなくなっていました。

スポンサードリンク


つけ置きでは戻らなかった変色も何度も洗えば元通りに

塩素系漂白剤はおそらく一度の洗濯でほぼ完全に洗い流され、
そんなに長い間繊維の中にとどまらないはずですが、
日焼け止めは徐々に薄れていったとはいえ四日間ほど繊維の中に残っていたと思われます。

日焼け止めだけ。
塩素系漂白剤だけ。
どちらが単品だけが衣類の中に入り込んでいてもピンク色にはなりませんが、
両方が絡まりあった時にあの濃いピンク色を作り出すようです。

そしてピンク色になったからと言って捨てる必要はありません。
何度も洗濯を繰り返せば日焼け止めは繊維の中から出て行ってくれるのです。

ここまでしてこのポロシャツにこだわって着続ける必要はないのですが、
自分が頑張ってみた分、
まぁとりあえずは捨てるのはやめてもうしばらく着てみようかと。。。(๑˃̵ᴗ˂̵)و

この記事が、お気に入りの服を漂白したことによってピンク色に変色し、
困っている方の参考になれば嬉しいです。

ランキング参加中!応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

暮らしの工夫
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ななえをフォローする
やりくりななえ.com