スポンサーリンク

たった150日で治療打ち切り?!整形外科リハビリ150日ルールなんて知らなかった!

関節拘縮~足の親指が痛くて歩けない治療記




足の整形外科に通い始めて早3ヶ月。
本当に診断が正しいかどうかもいまだに分かりません。
痛い原因はいろいろ説明を聞いていますが、まさかそれが間違ってるとは思わないけど
期待ほどの結果は出ていません。

足の痛みで仕事を休み始めてからも、もうすぐ一ヶ月です。

整形外科で教えてもらった筋トレはやっていますが
残念ながらせっかく仕事を休んで足も休ませてるのにあまり変わっていません。

足は痛いままです。

スポンサードリンク


150日で整形外科の治療を打ち切られるなんてびっくり!

整形外科

それなのに先日、先生に「150日ルールを厚生労働省が決めているから
リハビリはあと2ヶ月しか残ってないよ。」
と言われたんです。
150日?それって何?

そんなの聞いたことが無かったので調べてみたら、150日でみんな治ると国が決めているんです。
何で国がそんなこと勝手に決めるの?
私はあと2ヶ月で治るとは思えません。

その150日には例外もあって、
「治療を続けることによって改善が期待できると主治医が判断した場合」は
1単位20分のリハビリを一ヶ月13単位だけ続けることが出来るそうなんです。
でもそれ以上のリハビリは健康保険がきかないので自費です。

しかもその20単位すら、
診療報酬算定の基礎となる所定の点数が低く設定されているそうで、
どの医師も出来るだけ150日で打ち切りたいのが本音のようです。

150日でリハビリが打ち切られたらどうすればいいの?

リハビリ

あと2ヶ月しか無いとわざわざ言うくらいだから、150日以上は診て下さるつもりは無いのでしょう。
せっかくたどり着いた病院だったのにとても残念です。
でも、元々そこを紹介してくれた病院に聞いてみると
また別の病院を紹介してくださるそうで安心しました。
診断書に前回と違う病名を書けば、紹介可能だと回答をもらいました。
このまま治療が終わると聞いて不安でしたが、紹介してくださるならとても有り難いです。

このまま休んでいても良くならないので、もうすぐしたら仕事に出ようと思っています。
座っていたら痛みはほぼ無いので、家にいると楽なんですが
仕事に出るとまた痛くなるのは確実です。
本当はずっとこのまま休みたいけど他に方法が無いので覚悟を決めています。

この痛みを絶対に治したい!と諦めずに今まで来ましたが、
ようやくそろそろ「受け入れないと(諦めないと)いけないかな」と思うようになりました。
50代で思うところに遊びにも行けないのは残念だけど、
30歳のときになった子宮ガンも良くなったし、
今も足は痛いとは言えそれ以外は健康だし、寝たきりでも無いし、
考えようによっては不幸中の幸いなのかな・・・と。

次に紹介してもらう病院にも期待はしていますが、
今の整形外科で教えてもらったリハビリや靴の選び方は頭に入っているし、
このブログに記録も残しているのでそれを参考にしながら続けていこうと思っています。

それにしても何で国が人間の体調を勝手に150日で治ると決めているのか
不思議でたまりません。
ひとそれぞれ症状の強さも違うし、私の場合は1年も痛みが続いたまま慢性化してしまってることもありますが、
そんなすぐ治るとは自分でも思ってなくて、
気長に治療を続けて行こうと思ってたのに、たった150日で終わりだなんて本当に驚きました・・・