スポンサーリンク

週休3日と2日とでは気持ちの余裕が全く違う 今後の働き方を考えてみた

106万の壁を超えて働く
スポンサーリンク

元通りのシフトに戻さないと収入が少なすぎてピンチです。

体調が悪くなってもう半年。
12月から時短&週休3日で働いていますが・・・

社会保険を天引きされているので手取りは4万円ぐらい。

これは誰が考えても全く足りません。

貯金だけは下ろさない!と決めているので、
今は縮小して細々やっている副業と合わせ
何とか自転車操業的にやりくりして今はギリギリ何とかなっていますが、
もうそろそろ本当に厳しくなってきました。

でもお金のことは別として、
本音を言えば週休3日って本当にとても気持ちが楽なんです。

週休2日より、お休みが1日増えただけで時間と気持ちのゆとりが全然違う
これは想像以上でした。

本音を言えばこのまま週休3日で働きたい。

収入を減らさないで週休3日というのは無理なのですが、
1日の働く時間を増やして週3日にすると
一ヶ月で数千円手取りが減るだけで済む計算になりました。
(将来の年金も少しは減るが本当にわずかな金額)

そういった働き方で会社がOKをくれるのかどうかは分かりませんが、
それよりもたった数千円でも収入が減ることが前もって分かっているのに
私はどちらを選ぶべきなのか迷っています。

・週休3日を選んでも良いのか?
・それとも長い一生の中の数年間を頑張るのか?

 

ただ無理をして頑張ってまたもっと体調が悪くなったら
それこそ何をしているのか分かりません。

健康あってこその幸せ。
お金ばかりで頭がいっぱいなんて幸せとは言えません。

ただもし週休3日のままの場合、1日の働く時間は増やさないといけません。

時短のままだと手取り4~5万円で、これは問題外です。
1日辺りの働く時間を増やすことが最低条件です。

それに関しての体力的な自信が今はまだありません。
今は1日5時間働いていますが、それだけでもとてもとても厳しいのです。

足の痺れと痛みは続いています。
もう昨年9月からなので長くこの状態です。

スポンサードリンク


3月の初めからの風邪は副鼻腔炎に移行してしまい、
ものすごい頭痛と目の奥や歯茎、頬骨の中にまで痛みが及んでいます。

風邪をばかにしていたらこんなことになってしまう典型例ですね。笑

最初は内科に行っていましたが、
めまいが起こったので耳鼻科に行くように勧められました。

耳鼻科で診てもらったら「まだ道半ばですね」と言われてしまいました。
3週間弱過ぎても道半ばだなんて・・・笑

でもこの風邪が治ったら、その時はタイミングを見て働く時間を少し増やして元のシフトに近づけようと思います。

離婚した私は働かない選択肢はありません

ただ今までのように必死に一生懸命頑張るのは止めます。
週休3日で行くのか2日にするのか、
良い機会をみつけて上司と話そうと考えています。

※週休3日についてこちらの記事にまとめました!↓

週休3日がちょうどいい!実体験で分かったメリットとデメリット
週休2日と3日はしんどさがぜ~んぜん違った! 週に3日休むとめっちゃ楽です♡ 一昨年以上前からの体調不良で週に5日働くことが難しく 週に3日休んだり2日にしたりと色々な試行錯誤をしてきました。 ...

ランキング参加中!応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

106万の壁を超えて働く
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ななえをフォローする
やりくりななえ.com