スポンサーリンク

2019年8月のパート給料と来月の予算

50代の家計簿
スポンサーリンク

2019年8月パート給料は92,000円でした

給料

今月振り込まれる給料明細をもらいました。

今年に入って初めての9万円超え!!嬉しいです★
手取りは92,000円ほどです。
使い切っていた有給がついたことと、一時期週休2日に戻していたので少し多い結果となりました。

今年に入ってからの給料は、
1月53,000円、2月40,000円、3月47,000円、4月50,000円、5月60,000円 6月71,000円 7月76,000円
こんな悲惨な結果です。

週休3日で、週に1回ずつほど欠勤処理してもらっていたのに
社会保険などは通常通り天引きされているので恐ろしく少ない手取りです。

今月は久しぶりに9万を超えた手取りなので少し貯金できればいいな~。
たとえ1万円でも。
来月はまた欠勤が数日あるので手取りは減ります。
ある程度、足が良くなるまではどうしても元通りのシフトで働くことが出来ません。(とても痛いので)

ただ、私は離婚しているので会社の健康保険と厚生年金がとても大切だから
手取りは少なくてもそこは納得しています。
仕方ありません。

とりあえず来月9月の予算を立ててみました。

2019年9月の予算

住居費 ローン完済したためゼロ
食費 39,000
雑費 5,000
電気 7,000
ガス 5,000
水道 10,000
固定電話
&ネット
4,992
携帯電話 ガラケー1,125
スマホ1,335
保険 3,000
医療費 15,000
交通費+ガソリン+仕事の駐車場ほか 15,000
美容院 2,160
化粧品 2,000
被服 5,000
dマガジン 432
映画 1,100
法事 10,000
【合計】 127,144

こんなうまく行くのかな~?それは疑問ですが・・・(汗)
病院代がもっとかかるかも?
今月は水道代の請求があるので、気をつけていてもいつもどおり14万は超えてしまうかも?

もっと何か買わないといけないことが起きたら、
ナフコや楽天で貯まっているポイントを駆使して何とかこれ以上は使わないようにするのが理想です。

来月買いたい物

ユニクロのプリーツパンツのブラウンが可愛いな~と思ってるので欲しいです。

ユニクロプリーツパンツ

ただまぁ絶対無いと困るか?と聞かれたら全くそんなことは無いので
買わないかもしれません。

●もう早々とふくらはぎが冷えてきたように感じるときがあります。
去年から突然冷え性になったわたし。
足の親指がずっと痛いので5本指靴下しかはけませんが、(指が自由に動かない靴下は余計に痛くなる)
五本指のハイソックスを買おうと思っています。
色々検索してこれにしようかなと考えています。↓

●それと多分9月中にはお願いする出窓のガラス交換
今年は大きい台風は来ていませんが、来てからでは遅いので防犯ガラスに変える予定です。
クレジットカード払いが出来るそうなので、
もし可能なら冬のボーナス払いにしてそれまでにしっかり準備します。
(翌月払いしかなければ必死にかき集めます。笑)

●そのくらいかな~ほかには特に何か買う予定はありません。
ただ最近ほとんど服を買ってないので、どこへ行くにも同じ服ばかり着ています。
と、言っても通勤以外だと病院ばかりですが。
パンツやスカートはたくさんあるのですが、
トップスが少ないのでニットで気に入るのがみつかれば1枚ぐらいは欲しいです。
ただ9月に買うかどうかは分かりません。

スポンサードリンク


まとめ

本当は毎月普通に契約どおり働くと93,000~98,000円ほど手取りがあるはずなのですが、
相変わらず体調が良くないので働く時間を減らしています。
手取りが減るのは当たり前だし、
病院代がかかるのでそれ以外で節約するしか有りません

確定拠出年金を毎月23,000円拠出していると言っても、
それ以外には今年に入って1円も貯金できていないし、そろそろ少しは貯めたい気持ちはあります。
確定拠出年金はこのまま60歳まで続けて150万円ほど貯まる予定です。
またそれが65歳まで延長になることが決まりそうなので、そうなると290万円貯まります。
(手数料を考慮に入れず計算した場合)


今のまま、もしくはもっと下がった収入で
このまま65歳まで毎月23,000円拠出できるのか?!と思うこともありますが、
いよいよ困った時は金額を下げればいいし、強制的に貯まり節税にもなるので私的にはとても助かっています。

幸いなことに、年齢と共に物欲が減ってきて日常的にチョコチョコ買いすることはありません。
最近で言えばベットやキッチンカウンター、出窓ガラス交換など
大きいお金は出て行くことが何度かありますが、
老後に向けて暮らしやすくしていきたい計画の一環なので、許容範囲と考えています。

まぁどちらにしても体調が悪くなって仕事を減らしてからは
「お金が無いな~」とよく思いますが(笑)
長い人生そういうこともあるだろうし、
生活できないほどでは無いのでこれもちょうど良い勉強なんでしょうね。

50代後半になって年金生活まで10年を切った今、このタイミングでたまたま収入が減ってしまいましたが、
年金暮らしに向けて暮らしを小さくしていかないといけない練習時期なので、
ちょうど良かったのかな~と思います。

以前書いたこちらの記事にも「年金生活になって困るのは、収入が多かった人の方が割合が多い」
書いたことがありました。
よろしければこちらの記事も合わせてどうぞ。
↓   ↓