>9.27アメリカのトレンド大麻コスメの記事UPしました!

老後を生きていく上で大切なもの3つ

スポンサーリンク
家計管理
スポンサーリンク

老後の不安をあおる記事がとても多い昨今ですが、[no_toc]
老後に必要なもの3つを50代のうちから大切にしていくと
それほど老後を不安に思わなくても済むはずです。


その3つとは・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

健康

当たり前のことですが、不健康な場合は病院代もたくさんかかるし、
何と言っても気持ちを明るく保つことが難しくなります。

その反対に健康な人は、
病院にかかるお金も不要で、よく働いて収入を得ることも出来るし、
気持ちも明るく前向きに行動的することが出来ます。

健康はとても大切です。
健康は一日で築けるものではありません。

若いうちから食事と運動に気をつけた結果、得ることが出来るものです。

私の場合で言えば、お惣菜やインスタントを買ったり、
コンビニに行ったりすることは一年に数回しかありません。

スポンサーリンク

老後資金

人生には3つの大きい出費があると言われています。

住宅と教育、そして老後です。

住宅と子供の教育は楽しくわくわくするような、あるいはおめでたい出来事で、
そのために貯めるのは苦になりません。

学費は確かに大変ですが、子供のために出来る限りのことをしてやりたいのが親心。

新しい家に住む事を想像したり、子供の将来のため成長のため資金を貯めることは
明るい未来を考えながらのことなので、後ろ向きなことではありません。

でも老後資金はどうでしょう?
老後を想像することを楽しいと思う人は少ないでしょう。

昔のように終身雇用で退職金もがっぽりもらえていた時代と今は違います。
受け取る年金も減り続けています。
昔の老後は悠々自適でした。

しかし今は、いつ倒産するか、解雇されるか、減給があるか等の
不安と戦っている人も少なくないでしょう。
私の夫のように退職金が全く無い人もいます。

老後は老眼が進み、白髪が増え、体力も衰え病気になったりして
若い頃のようには思うように身体が動かなくなります。

お金は何とかなる・・・いえ、何ともなりません。
年金だけでは足りない時代なので、足りない分は自分で稼ぐしかありませんが、
いつまでも現役で働くことは出来なくなります。

将来を不安に考えすぎるのは良くありませんが、自由に体が動くうちに老後資金を貯めましょう。

遅くても50歳ぐらいからだと思います。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

人と人のつながり

若い頃から周囲の人々を大切にしましょう。

老後は自由に身体が動かなくなります。
お金がたっぷりある人は困った出来事があったとき人を雇えば良いでしょうが、孤独は埋められません。
お金が無ければ雇うことが出来ないので、自分でやるしかありません。

身体が自由なうちは孤独にも耐えられます。
孤独を楽しむことも出来るでしょう。

でも身体が自由に動かなくなった時、助けてくれる人が一人でもいれば
ただそれだけで幸せを感じながら老いることが出来るでしょう。
良い人生だったと思うことが出来るでしょう。

人の心を満たしてくれるのは、何よりも「人と人のつながり」なのです。

やりくりななえ.com - にほんブログ村
ブログランキング参加中!下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。
いつも応援ありがとうございます♪

 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計管理
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ななえをフォローする
やりくりななえ.com