>10.18ビタミンCたっぷりニキビケアの新記事UPしました!

近くて遠い私と彼女 同じような悩み・似たような考えでも決して近づくことはない関係

スポンサーリンク
心の健康
スポンサーリンク

彼女のご家庭のことを私は元々あまり詳しくは知りません。

彼女とは数年前からの知人です。
一生懸命働いておられるのは知っています。
明るくて頭の良い女性です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

彼女と私はそう、多分似た悩みを持つ者同士

笑顔

二人で何気ない話をしていたとき、
ふと「主人が転職してね。
最初、何回かはボーナスがあったんだけど、その後無くなってもう何年もゼロなのよ。」と、
彼女の口から聞かされ言葉を失ってしまいました。

多分退職金もないんじゃないかとおっしゃってました。

えっ!・・・私と同じだわ。
我が家も結婚29年の間に、まともにボーナスがあったのは10年だけで、
あとの19年は、ボーナスをもらったとしても手取り3万円ほどで
ここ数年はゼロでした。
退職金もありません。

彼女も我が家と同じでお子さんは二人。
一番お金のかかる時期のようです。
私も夫の転職でボーナスが無くなってしまって、
息子達の大学費用はとてもとても大変でした。

スポンサーリンク

彼女に何の言葉もかけられなかった理由

彼女の気持ちが一番わかるのはもしかすると私かもしれません。
この辛さは経験した者じゃないと分かりません。
私も辛い時期が長くありました。

何か気のきいた言葉をかけてあげれば、
彼女は気持ちが楽になるんだろうな・・・と思ったのですが、
言葉に詰まって何も出てきませんでした。

その一番の理由は、
彼女はそれほど親しくない私にもオープンに話せる人なんでしょうが、
私はそういう性格・考え方じゃないから。

そして私自身の気持ちが今も傷ついたままだからでしょうね。
夫のことに関する悩みが、私の中でいつか過去になったとき、
その時こそ私は彼女に温かい言葉をかけることが出来るでしょう。
ただ、今の私にはまだ無理なようです。

夫婦にはいろんな出来事、問題がありますが、
夫の仕事や収入のことは、
妻である女性にはどうしようも無い部分も多いです。
これは実際に経験したことが無い人には分かりません。

私も夫の転職には悩まされ続けました。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

仕事を大切に思う気持ち

彼女も私と全く同じ事を言っていました。

私も今まで何度かその思いをここに書いたことがありましたが、
彼女も同じ考えを持っているようです。

自分が今、正社員じゃないこと。
パートでしか働いてないこと。
一日中働いてもこんな収入しか無いこと。

それらは、今までの自分の積み重ねの結果であること。

若い頃から、もっと先を見て仕事に対して本気であれば、
こんな人生では無かったんじゃないかということ。

だからこそ、ただのパートであっても仕事があることを幸せだと思って
これからも今の仕事を大事にしようと思っていること。

彼女が私に身の上話をしてくれたときに、
「実は私も同じなのよ~」と私が言う事が出来れば、
お互い共感できて励ましあうことが出来たと思います。

でも、私の長年の心の傷が完全に癒されて過去にならない限りは、
「実はね~」とは人に話せる気持ちにはなれません。

もちろん私にも何でも話せる友達もいるし、
妹もいるので、夫のことや収入のことなど悩みを聞いてくれる人はいます。

どう表現したら良いのか迷いますが、
その辺り、自分なりの一線があるのだろうと思います。
ちょっと上手に表現できなくてすみません。

ただ一つだけ言える事は、自分の心の傷が早く癒えて
転職のこと、とことん収入が下がったことを
昔話として笑って話せる
時が来るといいな~ってことかな。

やりくりななえ.com - にほんブログ村
ブログランキング参加中!下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。
いつも応援ありがとうございます♪

 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

心の健康
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ななえをフォローする
やりくりななえ.com