やりくりななえ.com

6度も転職した50代夫はとうとう年収200万円台に!老後を視野にピンチを乗り切る節約生活の記録。家計簿と節約ワザをセキララ大公開。

家計管理

受給漏れを防ぐため50歳になったら「ねんきん定期便」要チェック!計算に企業年金は含まれていません

2017/01/08




誕生月に送られてくる「ねんきん定期便」

50歳からは、今の年金に入り続けた場合の受け取り見込み額と
受け取り開始年齢が記載されるようになります。

国民年金は定額なので、今まで保険量を収めた月数でもらえる年金額は違ってきます。
厚生年金は給料の額と勤続年数で違いが出てきます。

そしてその2つを会わせたのが将来もらえる年金の額というわけです。

でもそれらを自分で計算するのは無理ですよね。

なので「ねんきん定期便」をじっくり見てみると
50歳からは「あなたは将来いくらもらえますよ~」の記載があるので
とても便利なのです。

生活設計も立てやすいですよね。

我が家の場合は、夫が年間約160万円、私が80万円ほどの予定なので
合計240万円ほどとなり、
今の生活費を家計簿から見てみると、大体月に20万円ほど使っているので、
今のままの暮らしをすればちょうどピッタリ赤字も黒字も出ない計算になります。

(ただ実際は、その240万円の中から税金や健康保険料を払うので、
手取りはもっと減ります。
その差額を前もって貯め、年金暮らしをしながら他の方法で稼ぐ必要が出てきます)

スポンサードリンク


そして企業年金や確定拠出年金などの3階建て部分は
このねんきん定期便の計算には含まれてないので注意が必要です。

我が家の夫の場合は、昔若い頃数年だけ勤めた会社に企業年金があったことに
気づいて問い合わせてみたら
年間5万円ほどもらえることがわかりました。

たった5万円だけど、老後の5万円という金額は大きいと思います。

企業年金は予め定められた年数や利率に基づいた計算で支給されます。
一括でまとめてもらう場合もあれば、
年金方式で定期的な振込みで受け取る場合もあります。

本来は年金方式で受け取るほうがお得なのですが、
年金基金の解散が増えていて、減額の可能性もあるので
一括で受け取る人が増えているそうです。

ランキング参加中!応援クリックお願いします。にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-家計管理
-,

よく読まれている記事

1
「スーパー酵素プラス」で50代でも簡単に痩せた!更年期世代もダイエットを諦めなくていいんだ!

もうこれ以上はヤバい!! 20数年前の臨月だった時と同じぐらいの体重になってしま ...

2
マナラホットクレンジングゲル100円モニター実は無料だった!使い心地を紹介します

ネットで申し込んだ商品がまさかの無料でした! ラッキーです♪ 毎日使うクレンジン ...

3
「トイレットペーパーは押し当てて吸い取る・こすらない」更年期の下着の臭い あなたのオシッコの拭き方間違ってますよ 

若い頃はこんなこと無かったのに・・・ 更年期世代の悩みの中に「下着が臭う」人が多 ...

4
「芦屋ロサブラン」の遮光100%日傘(ショート)を実際に使ってみた私の口コミ おすすめサイズや人気カラーの事なども

今までイオンなどの量販店などで日傘を買って使っていましたが、 遮光とかUVカット ...

5
【口コミ】白い靴白いバッグ革製品いつまでも綺麗を保つ ラナパーが財布ファスナーのすべりまでも良くしてくれるよ

夏は白いバッグが重宝しますよね。 淡い色は涼しそうで清潔感があってさわやか~。 ...

6
紫外線が目に入ると肌が黒くなるのを知っていますか?芦屋ロサブランの「メラニンサングラス」が期間限定で30%オフ!

前にこのブログで紹介させていただいた、 芦屋ロサブランで買った、私のお気に入り「 ...

7
芦屋ロサブランの遮光100%日傘を「神戸そごう」期間限定ショップで実際に手に取って選んで来ました♪

紫外線が厳しいこれからの季節。 若い頃から日傘は暑さに弱い私にとって必需品でした ...

8
2018年7月17日24日合併号週間SPA!「貯金ゼロ円の恐怖」に見た共通点は自動車ローン、ボーナスで赤字補填だった

毎日気楽に買い物をしてお出かけして美味しいものを食べて、貯金ゼロ円。 ちょっと節 ...

9
貯金がある家庭でも「ある時期」を境にマイナス家計に陥るかも?その「ある時期とは?」 週刊SPA!貯金ゼロ円の恐怖より

昨日のブログの最後に超富裕層の二人からの成功法則を書くと予告していましたが、 そ ...

10
見栄は浪費の元凶 週刊SPA!「貯金0円時代」を生き抜く成功法則3か条 

目次1 超富裕層がお金の貯め方について激論1.1 井川意高氏の考え1.2 金森重 ...