スポンサーリンク

50代 老眼なのに無理して眼鏡をかけない人達へ伝えたいこと

健康 美容 アンチエイジング
スポンサーリンク

私もそうですが50代になって老眼じゃない人って
ほぼ、いないと思うんですよ。

でも、それなのにかたくなに老眼鏡を使わない人。

「昔は目が良かったのに。」と言って何もしない人。

近視の眼鏡は今までも使ってたけど、「遠近両用は使いにくいと聞いたから使わない」と言ってる人。

結構こういう人って多いように思います。

でも近視の人って眼鏡かコンタクト使いますね。
それなのに老眼鏡はどうして使わないの?

老眼鏡がどれだけ快適か試したことがありますか?

スポンサードリンク


見え難いのにどうして老眼鏡を使わないの?

老眼鏡を使わない理由

それって老眼を認めたくないとか
外見を気にするとかって理由のように思います。

まぁめんどくさいって理由もありますね。
確かにかけたり外したりは私も面倒。

私の場合は、外出する際に持って出るのを忘れることはよくあります。
もしくはその日のバッグが小さめで、どうしても入らないから置いていくとか。
年齢が高くなるとバッグが重く感じるので、出来れば荷物は少ないほうが助かりますよね。

年齢を受け入れて快適に生きよう

眼鏡はね。もう50代だから
頭は柔らかくして自分の年齢を素直に受け入れた方が
生きやすいと私は思うんですよね。

この先どんどん度は進むけど、そのたびに作り直さないといけないけど、
でもやっぱり50代は50代の快適な環境を自分で認めて・・・

それが暮らしの質、人間の品格につながると、私はそう思ってるんです。

年齢相応の美しさ、品を意識して

私も老けて見えるのはいやですよ。
だから毎日メイクもして、こまめに髪も染めて裾を巻いて
老けて見えないように気をつけています。

50代なのに60代70代に見せる必要は無いけど、
それと同じで30代40代に見せる必要もありません。
年齢相応の美しさがあるはずです。

老眼は45歳ぐらいから始まります。


実年齢より5歳ぐらい、もし若く見えれば嬉しいけれど
でも、だからと言って見えにくいのに
眉間にシワを寄せてしかめっつらして新聞を読んだり、
文章を書いたりメールを打ったりする際に誤字が多ければ
そのほうが老眼鏡よりずっと老けて見せてしまうように思います。

実際、知人の看護士さん(45歳)で老眼になってしまって見え難いのに
「この年齢で老眼鏡をかけたら患者さんが不安になる」と言って
老眼のまま眼鏡をかけず、見えるふりをして点滴の針を毎日刺している人がいます。

その話を聞いて恐ろしくなりました。

年齢を受け入れよう

年齢を重ねるってことは決して恥ずかしいことではありません。
年齢の分、人間は経験を積んで品格を見に着けます。
(何も学ばない人も中にはいるけれど)

確かに私も若々しくはありたいです。
でも
それよりも人格の高さや品の良さ、知識の豊富さ、前向きな気持ち、
周囲の人たちへの心配り、温かさなどのほうが大切なことじゃないでしょうか。

もちろん若々しさは魅力ですが、若作りを魅力的と思う人は少ないと思います。

今回は老眼を例えに出しましたが、
老眼だけじゃなく、自分の年齢をそのまま認めてそれを受け入れて
ポジティブさを絶対的な魅力と受け止めて、快適に生きることを目指す。

そういう人生でありたいと私は思っています。

見えにくかったら是非老眼鏡を使ってください。
自分の顔に合ったデザインを選んでおしゃれを楽しみましょう。
眼鏡をかけると目が楽になって、それが老眼の進行を遅らせます。
自分の身体(目)をいたわりましょう。

スポンサードリンク


まとめ

楽天市場で少し前に買った 既成の老眼鏡。