>9.27アメリカのトレンド大麻コスメの記事UPしました!

「週休2日OR3日問題」もう迷わない!意外すぎるほどあっさり答えが出た

スポンサーリンク
106万の壁を超えて働く
RitaE / Pixabay
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

週休2日にする?それとも3日がいい?

ずっと迷っていた週休2日OR3日問題

契約は週休2日なのですが体調不良で週に3日休むようになってから
身体もそうですが、それよりも大きい変化は気持ちがとても楽になったこと。

私としては今後も週休3日で働くためには契約時間を減らして
誰にも遠慮なく堂々と週に3日休む。
それが一番の理想でした。
もちろんそれに伴って収入が減るので、1日あたりの働く時間を1時間増やすことが前提条件です。
それで計算したら一ヶ月で手取りが八千円程度減ることになってしまいますが、
それでも毎週3日休めることはとても大きい魅力だな~と考えていました。

しかしあれだけ迷っていたのに意外にもあっさり自分なりに決着が着きました!

たまたま昨日上司と話しをして、毎日1時間働く時間を増やして週休3日に出来るか聞いたところ
それでもいいよってことで、
2~3ヶ月以内ぐらいに考えてみたらってことで話は終わったのですが、
何せわたしは半年近く時短で働いていて(3時間⇒4時間⇒5時間と増やしてきた)
本当に数日前に6時間に増やしたところなんです。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

へとへとだから週休2日のまま契約変更しないことにした

もし週休3日に契約を変えるなら毎日7時間(休憩1時間で8時間拘束)になります。
それがネックではあったのですが、
元々元気な時でも6時間勤務が体力的に大変で(肉体労働なので)
数日前から6時間に戻したところ、やっぱりすごくすごくしんどいんです。

まだやっぱり6時間は無理でした。
(でもすぐ撤回すると迷惑がかかるし、お金も必要だし
どうしても無理!となるまではこのまま頑張ろうと思っています。

ただこれ以上、7時間働くのはとても無理だと分かりました。
事務仕事など座れる環境があれば違うのでしょうが
私の仕事はお昼休憩以外は一瞬でも座ることは出来ません
(座る場所なんて無い)
それどころか重いものを持って結構な距離を移動したり、走ったり歩いたりが一日中続きます。
引越し屋さん運動会かみたいな仕事内容です。

何日か6時間働いてみて
私のこの年齢で、いくら週休3日になったとしても7時間働くのは私には無理なことがハッキリ分かりました。
それに私には副業があって帰宅後仕事をしないといけない日もあります。
(今はほとんど休業していますが)
そこまでの時間と体力の余裕はありません。
パートもそうですが副業もどちらも私にとっては大切な仕事です。

でも6時間のまま週休3日にするのは選択肢にありません
手取りが7万円ほどになってしまうからです。
それではいくらなんでも、離婚して一人の収入で生きている私には厳しすぎます。

なので今回6時間働いてみてあっさり答えが出ました。
もう迷いません。
週休2日で毎日6時間、週に30時間のまま契約変更せず働くことを決めました。
その中に有給と欠勤を組み入れて、可能な範囲で週休3日に近づけることにします。
(それは上司も了承済み)

そしてもしこの体調が治って元通り元気になれば、
その時は契約どおり毎日6時間週休2日で働きたいなと思っています。

有給は出勤日数の8割以上働かないと翌年つかなくなってしまう就業規則があるので
次の有給が付くまで2ヶ月ほどは週休2日で働かないといけません。
最近また気温が低くなって体調が悪いので、大丈夫かな・・・と心配ですが
どうしても調子が悪ければ早退も出来るし、何とか有給が付くまで乗り切ります!

契約時間や有給、欠勤、早退など自分の希望が全て通る職場で働かせてもらっていることを幸せに思います。

やりくりななえ.com - にほんブログ村
ブログランキング参加中!下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。
いつも応援ありがとうございます♪

 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

106万の壁を超えて働く
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ななえをフォローする
やりくりななえ.com