>10.18ビタミンCたっぷりニキビケアの新記事UPしました!

1年以上通った整形外科で足が良くならない!病院を変える?変えない?

スポンサーリンク
老人 関節拘縮~足の親指が痛くて歩けない治療記
スポンサーリンク

通院する整形外科を変えようかな~?と迷っています。

その理由は、足の整形外科に通い始めたのが昨年の7月だったと思うけど、全く良くならないよ~ぐすん

昨日息子に言われました。

「痛い痛い」言いながら仕事に行ってたときのほうがまだマシやったやん。休み始めてからもっと痛くなってるから違う病院も行ってみたら?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「足の整形外科」1年以上通い続けたけど良くならない

スニーカーを履いた足

足の痛みが全然良くならない

わたしも息子と全く同じことをずっと思ってました(;^ω^)

前より痛いのは事実で、その理由は自分なりにだいたい分かっています。

仕事では同じニューバランスでも、幅Dを履いてたんです。
Dを履くのが一番楽だからです。
でも今は、整形外科で勧められたもっと細いBを履いています。

Bを履いたらめっちゃ痛いんですが、
先生に指導されているので我慢して履いているから前より痛いんです。

もしDの靴に戻せば今よりは楽に歩けると思います。
ただ先生に言われているので、それを守りたい気持ちが強いからBを履いています。

整形外科を変えることも前から考えていましたが、
今は傷病手当金の診断書を書いてもらってるので、
それが終わる来年3月までは同じ整形に行こうと決めていました。

上半身にも痛みが広がってきた

ただ、これも息子とわたしと同意見なのですが
足の親指だっただけの痛みが両足になり、
肩や腕や指やあごまで広がって、やっぱり変やな~。。。
他の病院で診てもらおうかな~。。。と思い始めていました。

リウマチや膠原病は違う

リウマチに関しては、今まで2つの病院で診てもらいましたが診断は同じ。
その後も2年間ずっと3ヶ月~半年に一度経過観察で検査しているので今はまだ問題なしということは分かっています。
(そのうち発症する可能性大ですが)

膠原病も、その時一緒に検査していますが問題なし。

繊維筋痛症も違う

あとはよくTVでやってる繊維筋痛症ですが、
兵庫県では数少ない繊維筋痛症の専門医に診てもらって
その可能性はなしとの診断を、以前もらっています。

スポンサーリンク

違う整形外科に行ってみた

足の指

7月から手を診てもらっている手の外科の先生もいいのですが、
何せ病院が激混みで1日仕事になって、とても疲れるのでそこはパスするとして・・・
(予約制じゃないので、受付から会計まで6時間は見ておかないといけない)

繊維筋痛症の専門医の先生も、とても良かったので、
そこなら手も足も同じ病院でいいし、
(あっちやこっちや色んな病院に行かなくても、ひとつで済むならそれが一番嬉しい!)

あとは傷病手当金の診断書さえ書いてくれるなら・・と考えて、診察に行ってきました。

関節が柔らかすぎる人は身体に負担がかかりやすい

わたしは子供の頃から体も関節もとても柔らかいんですが、
先生も柔らかさに驚いておられました。

そしてこう言われました。

関節がこんなに柔らかい人は、新体操なんかにはいいけど
筋トレしても筋肉がつきにくい体質。
そして力仕事が普通の人よりものすごく負担になるから腱鞘炎にもなりやすい。

体や関節が柔らかいのは、イイこととしか思ってませんでしたが
こういう大きいデメリットがあることは知りませんでした。

だからパートで働くことが、他の人よりあんなにしんどかったんやな~。それがやっと分かった!

以前このような記事を書いた事も覚えています。
>>こんなに疲れているのに、50代の私はいったい何歳まで働けるんだろうか

ホントに体力的に厳しくて
とても疲れて大変だったことを昨日のことのように覚えています。
とにかく生活費のために・・・とその思いだけで頑張っていましたが
毎日疲れまくって、なんで自分だけこんなにしんどいんだろうといつも思っていました。

その原因に関節の柔らかさがあったなんて、考えもしていませんでしたが
先生に言い当てられて驚きました。

手足や肩や腕の痛み・顎関節症は同時に起きている

全部の痛みは原因は別々で、たまたま同時に起こっているとの診断でした。

まぁそれは理解は出来ます。そんなこと無いやろ~とは思いません(;^ω^)
それは、それぞれの場所の痛みの質が全く違うからです。

同じような時期に色んな痛みが出てきたので、
同じ病気が原因かな?と結び付けたくなりますが、
別々の原因で起こった痛みとも思えるし、ここは素人では何とも言えません。

「自分の治療とは正反対です」

そこで先生がこうおっしゃいました。

○○先生は足では有名だけど、わたしとは治療が正反対です。

今までわたしが通ってきた○○先生の整形外科は

・とにかく筋トレ!筋トレ!全ては筋肉!!
・痛くても幅の細い靴を履いて、手が痛くなるほど紐をぎゅ~っと締める!

この先生の治療は

・最初はインソールを入れて歩きやすくして、痛みを軽減することが先決。
・幅が少し広い楽な靴にインソールを入れて、アーチを持ち上げる。
・痛みが続いているせいで、自立神経が乱れて冷えと痺れが出ている。
・漢方薬で冷えと痺れを取る。

7月から通っている手の整形外科の先生も、痛いところは触らず刺激せず
そっと大切に扱って炎症を治していく治療です。

先生によって考え方がずいぶん違うので、
どれが自分に合うか判断するのは自分自身のようです。

スポンサーリンク

思い切って病院を変える?変えない?

足

薬はまだ3週間分ほどあるので、
それが無くなるまでに、今後どちらの病院に通うか決めればいいので、
それまでに決めようと思います。

今回診てもらった先生も、傷病手当金の診断書は書くと言ってくださったので
もし手のことも診断書に加われば(それは先生の診断次第)
そこからまた1年6ヶ月受給できるそうです。

足が痛くなって2年が過ぎました。
今までたくさんの病院に行って、たくさんの先生に診ていただきました。
こんなに症状がひどいのに、先生によって言われることが全然違います。

色んな病院に行くのは良いこととは思いません。

けれどもらないのにずっと同じ病院に通い続けるのも、治る可能性を逃してしまっている場合もあるかな~と考えました。

今回病院を変えても全く良くならない可能性もあるし、
一度変えるともう元の病院には戻れません。
だから思いつきで変えずに、少しだけ考えようと思います。

でも今までの整形で1年以上やってきた筋トレは充分頭に入っているし、
病院を変えても続けて行くつもりでいます。

そして今回もそうですが、どこの病院でも水泳を勧められるので
3月のコロナ騒動から休んでいましたが、
今週ぐらいから再開したいと考えています。

元の仕事には戻れないにしても、
将来の孫を近場に遊びに連れて行ける程度の足までは回復させたいです。

やりくりななえ.com - にほんブログ村
ブログランキング参加中!下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。
いつも応援ありがとうございます♪

 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

関節拘縮~足の親指が痛くて歩けない治療記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ななえをフォローする
やりくりななえ.com