スポンサーリンク

苦手なタイプの理学療法士さんは主治医に頼めば変えてもらえる?気持ちが萎縮してリハビリが覚えられない~!

関節拘縮~足の親指が痛くて歩けない治療記
スポンサーリンク

今の整形外科に通い始めて3ヶ月ほど。

今まで4人の理学療法士さんに担当してもらいました。
その中にどうしても苦手なタイプの方がいて、大きいストレスになっています。
最初は違う方だったんですが、私の足がなかなか良くならず主治医の先生が指名したのがそのベテランさん。

その方に全然悪気が無いのは分かっています。
何とかご本人に知られず気まずくならずに、担当を替えてもらうこと出来ないのかな。涙

それよりも私がもっと打たれ強くなれれば一番いいんだけど、それは今更難しくて・・・

スポンサードリンク


苦手な性格の理学療法士さんが担当になってしまった

足

ハッキリし過ぎている人がどうしても怖い

私は今まで何度かブログにも書いたことがあるように思いますが、
性格がハッキリしている(ハッキリし過ぎている)タイプの人がどうしても苦手です。
ハッキリしてる人って言うよりも気が強い人が苦手なのかな・・・
ただハッキリあっさりしてるだけなら何とも無いんですが、口調がきつく思ったことを遠慮せずぽんぽん言う人っていますよね。
例えば泉ピン子さんとか、
昔で言えば野球の野村監督の奥さんとか。

そういう人はTVで見てるだけなら面白い人ってだけで終わるんですが、
身近にそういう人がいたら、私は辛くてたまりません。
それがその理学療法士さんなんです。
大声で患者さんや他の理学療法士さんを馬鹿にするようなことを言ったり、見てるだけでヒヤヒヤします。
もちろん私にも今までどれだけのことを言ったか・・・思い出すだけで涙が出そうなほどです。

でもただみんなの前で恥をかかされているだけのように思ってしまうほどです。

怖すぎてリハビリが頭に入らない

怖くて言い返すなんて出来ないし、
その病院に行くのはいいんですが、リハビリの何十分の間ずっと罵倒されるので気持が萎縮してしまって教えてもらったことが全く頭に入りません
分からないから聞き返すと、今度はそれに対して大声で怒る。。。
怖いから聞けなくて分からないままやっていると、またそれを大声で怒る。。。

その方は先ほども書いたようにベテランさんで腕のいい方です。
見てる感じで言えば、多分そこでは一番上のポジションの理学療法士さんだと思います。
だから指導内容には何の問題も無いんですが。

言い返そうと思えば出来ないことも無いんですが、
何倍になって返ってくるかと思うと怖いし、その整形には今後も通いたいので場の空気を乱したくありません

何度もその方の担当の日があってずっと我慢して、イヤだイヤだと思いながらもニコニコして話を合わせていたんですが、
病院に行くことが大きいストレスになってしまってるし、
せっかく行っても気持ちがその人をシャットアウトしてしまって、教えてもらったとおり体が動きません
これじゃまるでいじめられっ子やん!?笑

担当変更してもらえるか聞いてみた

どうにかしてこの状態から脱出したいのですが、
担当を替えてもらうにしても、その人にそれがバレるのは確実なので、
そんなこと申し訳ないし怖いしでどうしても出来ませんでした。

でも確かリハビリには150日ルールがあるんですよね。
150日過ぎたら今までのようにリハビリを受けるなら自費になるかも?
それならあと2ヶ月でせいいっぱい頑張って良くならないといけないんです。
だから思い切って家から受付に電話して変更してもらえるかどうか聞いてみました。

主治医の指示なら担当変更が出来る

すると主治医に頼めば出来るとのことで、次回診察時に頼むことになりました。
前もって受付から簡単に話は通してくださるそうです。
良かった。。。少し安心できました。

その理学療法士さんの顔を見るだけで心がキュッとなってしまうので、
せめて私は違う人に担当してもらいたいーーー!
他の人なら誰でも構いません。新米さんでも構いません。
腕がいいやら悪いやらの前の段階の話です。
あんな言い方されて、誰がやる気を出してリハビリ出来ますか?
子育ても同じですね。

私はその人が担当だった日は、そこから数日は全くやる気が起きません。
それどころか気持ちが回復するまで数日かかるほど。
全く親しくも無い間柄なのに、はっきり物事を言う人が本当にとてもとても苦手です。

150日ルールまで残り2ヶ月ほど。
何とかそれまでに少しでも良くなるように、
勇気を振り絞って次回、主治医に担当変更をお願いしてきます。

足に限らず内臓にしても目や耳にしてもどの場所でも
何か病気や怪我があってみんな病院に行っています。
病気や怪我があるということは、その度合いには違いがありますが心も傷ついていることも多いです。
おだてろとは言いませんが、体調の悪い人の気持ちにもう少し寄り添って欲しいな。
病院に行く人は少なからず、身体も病気・怪我で傷ついた心もどちらも治すために病院に行ってるんだもん。