やりくりななえ.com

6度も転職した50代夫はとうとう年収200万円台に!老後を視野にピンチを乗り切る節約生活の記録。家計簿と節約ワザをセキララ大公開。

106万の壁を超えて働く

まざまざと年齢を感じる50代の私はいつまで働き続けるんだろうか パートの疲労感は際限無し

2018/06/26




体力勝負の仕事 50代にはつら過ぎる

仕事での体力の消耗が激しく疲れが取れません。

肩に何かがのしかかったような感覚が離れず
疲労困憊しています。

元々肩こりの無いわたし。
確かに息子達が小さかった頃は、抱っこや荷物の重さで肩が痛かったことはありますが、
この50数年の人生でそんなことはほんの数回だけ。

106万の壁を越えてから一年半以上過ぎました。
どんどん仕事量が増えて行く毎日。
それと同時に自分の年齢も高くなり、最近はつくづく体力の限界を感じています。

50歳と50代半ば。
その数年の体力の違いをまざまざと感じている最中です。
数年前の私ならここまでじゃ無かったかも。

人並みの収入がある結婚生活を送りたかった無いものねだり

夫の収入の低さ

夫婦仲が良ければ
(我が家の場合は、それに加え夫の収入が人並み程度あれば)
以前のように働く時間を減らして夫の扶養に戻ることも有なんでしょうが、
私は一人で生きていかないといけないので
社会保険を会社が半分負担してくれる働き方は、
出来るだけ長く(定年まで)続けていかないといけません。

>> 転職癖がある男と結婚してはいけない 職を転々とする夫を持った私の苦労と不安

ただあまりにも仕事内容がハードで、
この年齢でここまで体力を使う仕事は他にあるんだろうかと思うほどの
重労働で毎日つらくてたまりません。
仲良くしている仕事仲間がたくさんいるので精神的には大丈夫なんですが
つらいのは50代半ばである自分自身の体力

非正規ならではの悩み~自分自身の収入の低さ

パート(非正規)はこういうところがつらいです。
正社員なら、一人で生きていける程度のそれなりの報酬を得られますが
パートで働く私の月給は手取りで月々9万円前後。
仕事は朝10時前に入り、終わるのは17時。
時給どれだけ安いねん!と愚痴も言いたくなるのは当たり前。

もし、正社員なみに給料があったり賞与があったりすれば
「体力的につらくてもそれがお金に反映するのに」等と思ったり。
無いものねだりをしてはいけないなんて、自分に言い聞かせるのも白々しい。

ただ私が非正規でしか働けないのは
自分がそういう選択をして生きてきた結果です。

私は短大を出たあと、新卒で資生堂の正社員になりました。
あの頃は女性は23歳ぐらいで寿退社するのが一般的だったので
私の生き方は平均的なものだったけれど、
そんな中でも仕事を続けている女性も少数ながらいたのも確かで、
私ももっと長いスパンで人生をみつめていたら、
今こういう働き方をしていなかったはず。
そこは大いに反省しています。

あまりにも重労働

社会保険に加入出来る働き方は私の希望でもあるんですが、
それにしてもここまで体力を使う働き方は、
はたして自分にとって良いのかどうか疑問でもあります。
おそらく60歳になっても65歳になっても
楽になることは無いどころか、どんどん仕事量は増えるでしょう。
それが肉体労働で重労働だからそれは本当につらい。

寿命を縮めてるんじゃないかと思うほど・・・

10キロ15キロ程度の荷物ならまだいいんですけどね。
そんな程度の重さじゃないんですよ。私が日常的に持つ重さって。
それを上げたり下ろしたり、持ったまま結構な距離を歩いたり。
心臓が止まるんじゃないかと思うほどの寒いところで作業させられたり。
それが一日中続きます。

勤務時間を減らす選択肢も

もしどうしても無理だと思うときが来たら、
そのときは週に3日お休みになる契約に変更してもらうか、
それとも毎日の勤務時間を少しだけ減らしてもらうか、
具体的にそういうことを考えるときがいつかは来るかなと思ったりしています。

夫を反面教師にして私は生きる

お金を稼ぐということは本当に大変なこと。
ましてや女が一人でこの先の人生を一人で生きていくだけの
収入を得るのは気の遠くなるようなこと
です。
だから、今はいくらつらくてもこのまま頑張って行きます。
結局は、収入が少ない人間が生き延びていくには長く働くしかないのは明らかです。

そして、簡単に次から次に仕事を辞める夫を見て生きてきたからこそ
私は簡単に根をあげたくないのです。

もし夫が私の立場ならもうとっくに辞めてるでしょうね。
夫も息子達も、まさか私がこんな重労働をしてるとは思ってもいないでしょう。

仕事があることに感謝して、また明日の朝目覚めたいと思います。

ランキング参加中!応援クリックお願いします。にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-106万の壁を超えて働く

よく読まれている記事

1
「スーパー酵素プラス」で50代でも簡単に痩せた!更年期世代もダイエットを諦めなくていいんだ!

もうこれ以上はヤバい!! 20数年前の臨月だった時と同じぐらいの体重になってしま ...

2
マナラホットクレンジングゲル100円モニター実は無料だった!使い心地を紹介します

ネットで申し込んだ商品がまさかの無料でした! ラッキーです♪ 毎日使うクレンジン ...

3
「トイレットペーパーは押し当てて吸い取る・こすらない」更年期の下着の臭い あなたのオシッコの拭き方間違ってますよ 

若い頃はこんなこと無かったのに・・・ 更年期世代の悩みの中に「下着が臭う」人が多 ...

4
「芦屋ロサブラン」の遮光100%日傘(ショート)を実際に使ってみた私の口コミ おすすめサイズや人気カラーの事なども

今までイオンなどの量販店などで日傘を買って使っていましたが、 遮光とかUVカット ...

5
【口コミ】白い靴白いバッグ革製品いつまでも綺麗を保つ ラナパーが財布ファスナーのすべりまでも良くしてくれるよ

夏は白いバッグが重宝しますよね。 淡い色は涼しそうで清潔感があってさわやか~。 ...

6
紫外線が目に入ると肌が黒くなるのを知っていますか?芦屋ロサブランの「メラニンサングラス」が期間限定で30%オフ!

前にこのブログで紹介させていただいた、 芦屋ロサブランで買った、私のお気に入り「 ...

7
芦屋ロサブランの遮光100%日傘口コミ「神戸そごう」期間限定ショップで実際に手に取って選んで来ました♪

紫外線が厳しいこれからの季節。 若い頃から日傘は暑さに弱い私にとって必需品でした ...

8
2018年7月17日24日合併号週間SPA!「貯金ゼロ円の恐怖」に見た共通点は自動車ローン、ボーナスで赤字補填だった

毎日気楽に買い物をしてお出かけして美味しいものを食べて、貯金ゼロ円。 ちょっと節 ...

9
貯金がある家庭でも「ある時期」を境にマイナス家計に陥るかも?その「ある時期とは?」 週刊SPA!貯金ゼロ円の恐怖より

昨日のブログの最後に超富裕層の二人からの成功法則を書くと予告していましたが、 そ ...

10
見栄は浪費の元凶 週刊SPA!「貯金0円時代」を生き抜く成功法則3か条 

目次1 超富裕層がお金の貯め方について激論1.1 井川意高氏の考え1.2 金森重 ...